クィーンズタウン、ギブストン・バレーでワインとウォーキングを楽しむ

クィーンズタウンのウォーキングとワイナリーへの関心が高まってきています。クィーンズタウンを訪れるなら、1日のうちにこの2つを組み合わせてみましょう。

天気の良い夏の日には、カワラウ川の川沿いを友達や家族と一緒にウォーキングを楽しむのが一番のおすすめです。途中、すてきなワイナリーに立ち寄るのもよいでしょう。

ギブストン・バレーの端にある歴史あるカワラウ・バンジー・ブリッジと、もうひとつの端にあるワイティリ・クリーク・ワインズを結ぶ遊歩道が12月に正式にオープンしました。

ワイナリーのひとつ、ペレグリン・ワインで行われた式典で、この8kmのギブストン・リバー・トレイルの正式オープンがギブストン・コミュニティ・アソシエーションによって発表されました。その後、一般の人々が初めてこのトレイルにアクセスし、自転車で走行したり、ウォーキングを楽しみました。

ギブストンはこれまでも旅行者に人気の観光地でした。それは、世界初のバンジージャンプがカワラウ・ブリッジで行われているだけでなく、ピノ・ノワールに代表される有名なワインがこのギブストン・バレーで生産されているからです。

1981 年にブドウが植えられた1軒のブドウ園から始まり、現在は330 ヘクタール以上のブドウ畑、40軒以上のワイナリー、11室のテイスティングルームがあり、18 のワイン生産業者がここでワインを作り出しています。

このトレイルを散策すれば、素晴らしい1日となることは間違いありません。

クィーンズタウンのウォーキングやワイナリーについてより詳しい情報はwww.queenstown-nz.co.nzをご覧ください。

あなたの体験を記事で投稿しませんか? あなたの記事を追加