アルプス・トゥ・オーシャン・サイクル・トレイル

4-6 日間

310 Km

ハイライト

  • アクセスポイント多数
  • アオラキ/マウント・クック国立公園
  • マオリのロック・アート

ロケーション

  • By :
  • By car: クライストチャーチから4 時間

難易度

初級〜中級者向け

現在のページ

ニュージーランド最高峰のふもとからスタートし、いくつもの氷河湖のそばを通るトレイルです。物語の世界のような壮大な風景の中を走り抜けてみましょう。

概要

標高差600m以上、全長300kmのトレイル。ニュージーランドの最高峰、アオラキ/マウント・クックから始まり、東海岸側のオアマルが終点となります。サザンアルプスから太平洋岸まで走る間に、ニュージーランドの地勢と歴史の素晴らしさを満喫できます。

トレイルの特徴

アルプス・トゥ・オーシャン・サイクル・トレイルには、8つの区間が設定されています。1区間のみでも、複数区間でも楽しめます。

アオラキ/マウント・クック〜ブレーマー高原牧場 - 32km

初日は氷河から流れてくる水をたたえたタスマン川沿いに走ります。ただし、対岸のトラックにアクセスするために、予め渡り舟を手配しておく必要があります。その後未舗装の砂利道を進んでいくとプカキ湖のほとりを通ってブレーマー高原牧場に到着します。

ブレーマー高原牧場〜トワイゼル - 43km

第2区間は小さめながら多数のアップダウンがあるので、初日よりも体力が必要になりますが、プカキ湖とその向こうに広がる素晴らしい眺めが楽しめます。途中、テカポB発電所を通るほか、コーファイ、フラックス、タソックといった固有種の植物や、マツやカラマツなどの外来種の樹木が見られます。

フライト検索
クライストチャーチ/カンタベリー
アルプス・トゥ・オーシャン, クライストチャーチ/カンタベリー

Colin Montheth

アルプス・トゥ・オーシャン・サイクル・トレイルを走っていくと、氷河から流れてきた水をたたえた湖が現れます。

トワイゼル〜レイク・オハウ・ロッジ - 38km

この区間ではより標高の高い位置へと移動します。この日の走行距離は39km、その間の高低差はおよそ150mとなります。準備を万全に調え、トワイゼルのインフォメーション・センターで天候に問題がないか確認してから出発しましょう。

レイク・オハウ・ロッジ〜オマラマ - 40km

この区間ではベンモア山脈とふもとの窪地の美しい眺めを背景に、ルアタニファ環境保全公園のゆるやかな斜面を進みます。フリーホールド・クリークまでの6.3kmは楽に走れます。 

オマラマ〜オテマタタ - 24km

オマラマを出発して、ワイタキ渓谷を東へ下っていきます。部分的に国道83号線を走りますので、車には十分に注意してください。

オテマタタ〜クロウ - 44km

ロック・レアード・ロードからベンモア水力発電所の大きなダム湖を超える間、急な坂道を走ります。部分的に国道を走りますので、車に気をつけてください。

クロウ〜ダントルーン - 23km

ワイタキ川の流れるクロウ一帯の古代沖積平野ではワイン用のブドウ栽培が盛んです。国道では車に注意してください。 

ダントルーン〜オアマル - 55km

道中、「エレファント・ロックス」と呼ばれる石灰質の岩の造形が見られます。ヴィクトリア朝時代の歴史的建造物の集まる地区を抜け、フレンドリー・ベイに到着したら、トレイル完走です。

その他詳しい情報についてはアルプス・トゥ・オーシャン・サイクル・トレイルのウェブサイトを参照してください。 

アクセス

トレイルマップを見る

 

走行にあたって

このトレイルではしばしば公道を走るため、通行する車には十分な注意が必要です。また、全体で600m以上の標高差がありますので、突然の天候の変化に備えて十分な装備を用意し、重ね着で体温調節できるようにしておきましょう。

気象と天候

レンタルについて

宿泊施設