ダニーデン植物園

現在のページ

面積28ヘクタール、6,800種類もの植物が生育する美しいダニーデン植物園を訪れ、ニュージーランド固有の鳥たちのさえずりと丘陵からの景観を楽しみましょう。

1863年に開園したダニーデン植物園は、ニュージーランドで最も歴史の古い植物園です。平地部に設けられたフォーマル・ガーデンから丘陵斜面の原生林まで、28ヘクタールの園内には、全部で6,800種類以上の植物が生育しています。 開園当初から特に有名なのが豊富な種類のシャクナゲです。 エドワード調建築が美しいたたずまいを見せるウィンター・ガーデン・グラス・ハウス(Winter Garden Glasshouse)には、サボテンをはじめとする、熱帯性や亜熱帯性の多肉植物が集められています。 様々な種類の香りや味わいのハーブが数多く栽培されているハーブ・ガーデン(Herb Garden)では、実際にハーブを手にとってみたり、伝統的なハーブの調理法について知ることができます。 また、バラと椿が美しいフォーマル・ガーデンの隣には、リンゼイ・クリーク(Lindsay Creek)に沿って世界で最も大きな岩庭(rock gardens)が設けられています。 リンゼイ・クリークの反対側には、森林に育つニュージーランド固有種の植物や、絶滅の危機に瀕した希少な植物、湿地帯植物など固有植物ばかりを集めたエリアがあります。 その中でも特に興味を引くのが、織物の原料となる亜麻類です。さらにその隣の一段高いエリアには、アフリカ、アメリカ、アジア、オーストラリアなど海外からの植物を集めたジオグラフィック・コレクション(Geographic Collection)というコーナーがあります。 丘陵地からの眺めも美しいダニーデン植物園には、そのほか手入れの行き届いた芝生、鳥類園、ショップやカフェもあります。 ダニーデン中心部にあるオクタゴンから約2km、ダニーデン市の北に位置しています。オクタゴンから北へ運行する定期バスを利用していくことができます。
フライト検索