歴史あふれるテムズ

現在のページ

コロマンデル半島の玄関口、コロニアル風の美しい町並みが美しい、金鉱の町テムズの歴史を探訪してみましょう。

風光明媚なコロマンデル半島の中心都市テムズは、1860年代前半に盛んだった金採掘を支えるため作られた2つの集落、ショートランドとグラハムズタウンが1870年に合併して形成されました。 金採掘と林業により、テムズの町は急速な発展を遂げました。一時期はニュージーランドの中心都市オークランドを凌ぐほどの勢いでしたが、他の町と同じように、金産出量が減るに従い人口が減少、町は衰退して行きました。 テムズは、カウアエランガ川とワイホウ川が海へ流れ込む河口部近くの海岸に位置しています。古代は火山であったコロマンデル山脈の緑豊かな急斜面が町の背後に聳え立ち、美しい背景を作っています。 現在でもグラハムズタウンの名称を残すテムズ北端の市街区には、コロニアル風の佇まいの中、カフェやブティックが集まっています。必見の博物館では、古代にマオリが居住していた時代や、初めてこの地に到着した開拓者たち、そして、金鉱業や林業、鉄道、運輸の発展についての素晴らしい展示が見学できます。また、水曜日から土曜日までは鉱山学校が開館しています。 コロマンデル半島の玄関口とも呼ばれるテムズは、この地域を訪れる旅行者には格好の拠点となります。ハイキング・コースとキャンプ場のある美しいカウアエランガ渓谷は町のすぐ南側に位置しています。北へ伸びる沿岸沿いの道路を走れば、いくつもの素晴らしい砂浜を訪れることができます。
フライト検索