ホーム

ロングステイ特集 - 住まいの借り方

ゆったりとした生活環境が魅力のニュージーランド。住居スタイルも、都市部を除き、広々とした一戸建てが主流です。庭でガーデニングに励んだり、ベランダで読書にふけったり。そんなゆとりのある住まいで、ロングステイを満喫してみませんか。

ひとつの土地に長く滞在する場合、重要になってくるのが住まい選び。ニュージーランドには心地よく暮らせる住宅物件が、多種多様に揃っています。自分のライフスタイルに合う、理想の住居を見つけましょう。

ニュージーランドで快適な住まいを探すには

ニュージーランドでロングステイをするときにまず考えたいのが、生活のベースとなる住まいです。ホテルに長期滞在するのも便利ですが、より「暮らす」感覚 を味わいたい方には、賃貸物件の利用がおすすめです。ホテルよりも経済的ですし、近所付き合いを楽しんだり、キッチンで自炊するなど、住民気分で過ごすこ とができるでしょう。

主な住居スタイルは、フラット(日本でいうアパートのこと。ユニット、タウンハウスと呼ばれることもあります)、アパートメント(マンション)、一軒家の 3タイプで、家具付きの物件も存在します。情報は新聞のクラシファイドや不動産会社で探すのが一般的。ひとつの物件を数人でシェアする「フラッティング」 という生活形態も多く、さまざまな国籍の人々と知り合えたり、家賃が手頃というメリットがありますが、キッチン、バスルーム、リビングなどが共有なので、 プライバシーが尊重されにくいという面もあります。

希望の物件を見つけたら、家主に連絡を取って下見に出かけましょう。その際、設備に不具合がないか、細かく点検することが重要。気になる点があれば申し 出、修理をしてもらえるかを確認しましょう。さらに、物件からバス停や鉄道駅までの距離、近隣にスーパーマーケットがあるか、治安面といった周囲の環境に 気を配っておくことも大切です。

ニュージーランドの賃貸契約にはリース(期間が決まっているもの)とピリオディック(期間が決まっていないもの)の2種類があるので、契約に進む前にどち らにするかを選択しましょう。ピリオディックの場合、借主が3週間前までに申告すれば、契約を解除することができます。礼金の制度はなく、基本的に家賃は 週払いです。契約の際には家賃1週間分のほか、「ボンド」と呼ばれる敷金(通常は家賃の2週間分)を支払えばOK。不動産会社を通しているのであれば、手 数料として家賃の1週間分が別途必要となります。家賃の目安は、オークランドの場合、2ベッドルームのアパートメントで週NZ$300~450、3ベッド ルームの一軒家では週NZ$450~600です。

なお、賃貸物件の中には、一定期間以上の契約を条件としているものも少なくないため、3ヵ月以内の短期では貸し出しを拒否されることもあります。そうした場合は、家具・家電・キッチンが付いたホテルタイプのサービスアパートメントを利用するといいでしょう。