モエラキ・ボールダーズ

現在のページ

北オタゴ沿岸部をドライブするなら、モエラキ・ボールダーズは見逃せません。

オアマルの南40kmの場所にあるモエラキには、不思議で巨大な丸石が海岸のいたるところに転がってい、砂岩の崖から今にも出てきそうな状態のものもあります。丸石ひとつの重さは数トン、大きいものでは高さ2mにもなります。 マオリの伝説によれば、これらの巨石は、1000年ほど前にニュージーランド沿岸で座礁した大カヌー船アライテウル号から岸に打ち寄せられたヒョウタンだと言われています。 科学者は、これらの丸石は約6500万年前に形成された亀甲石凝固であると説明しています。真珠ができる過程に似て、核となる荷電した微粒子の周囲に水晶化したカルシウムと炭素物質が徐々に集積し、約400万年の歳月を経てこの丸石が形成されました。 これら丸石を含む軟らかい泥石地層は約1500万年前に海底から隆起し、その後、風や雨、海の浸食作用によって泥石が洗い流され、浸食されない丸石だけが後に残されたのです。 すぐ近くの森の中を数分歩けば、丸石の見学に最適な展望台へ到着します。運がよければ、波間に遊ぶヘクターズ・ドルフィン(セッパリイルカ)の姿を見ることができるかもしれません。
フライト検索