ウォーター・ワンダーワールドでフィッシング

現在のページ

  • ホーム
  • ウォーター・ワンダーワールドでフィッシング

四方を海に囲まれたニュージーランドは、豊かな水源を誇る、ウォーター・ワンダーワールド。

ダイナミックな体験が期待できる海、森を抜けて出会う清らかな水が美しい川、風光明媚な景観とともに楽しめる湖など、様々なスタイルでのフィッシングが全国で盛んに行われています。

釣り天国でフレッシュウォーター・フィッシングに挑戦!

手付かずの大自然の中に美しい河川や湖が点在するニュージーランド。澄んだ清流には大型のトラウトが泳ぎ、雄大な景色を楽しみながらフライフィッシングやルアーキャスティングで大物が狙えます。

空からポイントへアクセスするヘリフィッシングや本格的なキャンプ&フィッシングも身近な存在。釣り人のユートピアでトラウトフィッシングに挑戦してみませんか。

野性味あふれるダイナミックな釣りを体験

ニュージーランドの河川や湖でフィッシングをする最大の魅力は、雄大な景観の中、最先端の日本の道具を駆使しながらサイズが大きくてパワフルな魚が釣れることでしょう。フレッシュウォーター(淡水)・フィッシングの対象魚となるトラウトは平均サ イズ50cmと日本のものよりも大型で、再生産の天然魚であるためファイティングパワーも比較になりません。大自然に育まれた鱒本来の力強さは、経験豊富 な日本の釣り人たちにも新鮮な驚きを与えてくれるはずです。

釣り場はニュージーランド全国に存在しますが、その多くは広大な森の中で、ほかのアングラーと遭遇することもほとんどあり ません。野鳥の声や渓流のせせらぎといった自然の音のみが響く水辺で、魚とじっくり対峙する贅沢な時間。駐車場からポイントまではまるで迷路のような自然 のままの山道が続いていることも少なくないので、山歩きやアウトドアが好きな人はトレッキングと組み合わせたり、キャンプをしながら釣りを楽しむことも可 能です。

陸路でのアクセスが困難な山奥の釣り場へ空路で一気に飛ぶヘリフィッシングもニュージーランドでは身近な存在。日本では味わえないダイナミックな釣りが体験できます。

日本式の繊細なフライやルアーで勝負できる

ニュージーランドのトラウトフィッシングはフライが中心です。もともとこの国は建国当初から本場イギリスでは貴族の遊びであるフライフィッシングを庶民にも広めようと政府が努力した歴史があり、そのために現在のように一般の人々も気軽に親しめる環境が整っているのです。

フライフィッシングのほうがポピュラーとはいっても、ポイントによってはルアーキャスティングを楽しむことも可能です。ルアー禁止の釣り場が多 く、本格的なルアー用品を取り扱っている釣具店も稀ですが、それだけに魚たちは最新のルアーに慣れていません。世界一のクオリティを誇る日本のルアーを持 参すると、驚くほど釣れることも珍しくないのです。

ニュージーランドの河川は日本と地形や傾向が似ているため、日本式の繊細な釣具を使ってアプローチができます。フライフィッシングでもルアーキャ スティングでもこれまでの経験を活かし、ジャパンスタイルで大きなサイズの天然トラウトと勝負できる──それがこの国でフレッシュウォーター・フィッシン グをする醍醐味でしょう。スポーツとしての釣りの面白さを存分に満喫できます。

厳選エリアで大満足のフィッシング

良質な釣り場の宝庫であるニュージーランド。その中でも地元のアングラーたちが絶賛するエリアとその特徴、また、留意したい注意点をご紹介しましょう。

【北島】
テ・ウレウェラ国立公園
北島で最も広い原生林で、川でも湖でも50cm以上の大物が狙えます。特にワイカレモアナ湖は魚が大きいことで有名。70cmオーバーのトラウトが釣れることもあります。
●カイマナワ森林公園
タウポの南にあり、トンガリロ国立公園と隣接する森林公園です。エリア内にはいくつか川があり、大きなトラウトが釣れることで知られています。ルアー禁止の河川もあるので事前に確認しておきましょう。
● 北島全体の傾向と注意点
北島の主な対象魚はレインボー・トラウトです。レインボーはファイターなので、パワーのある釣りを楽しみたい人におすすめです。
北島で釣りをする際の注意点としては、車から離れる時は外から見えるところに荷物を残さないようにすることです。また、私有地を通らないとアクセスできないポイントが多いので、その土地の所有者に許可を取ることも忘れずに。無断で立ち入るとトラブルになることがあります。

【南島】
●ネルソン・レイクス国立公園
ネルソンの南にある国立公園。1920年代に建てられた高級フィッシング・ロッジのあるネルソン湖のほか、周辺の河川で大型のブラウン・トラウトが狙えます。
●ウエストコースト
ホキティカ周辺の河川や湖は魚影が濃いことで有名です。天候の状態にも左右されますが、コンディションが良い時は非常にたくさんのトラウトが釣れます。
● 南島全体の傾向と対策
南島の主な対象魚はブラウン・トラウトです。ブラウンは独立性が強く、群を作らないので見つけるのは大変ですが、その分、巨大サイズの大物が釣れる可能性があります。
南島ではサンドフライ対策を万全に行ってください。また、サザン・アルプスからの吹きおろしで風が強いため、ある程度のキャスティング技術が求められます。

用意したいタックルはコレ!

日本から持参したい釣具と入国の際の注意点についてご紹介しましょう。

【フライ】

成功の鍵はガイド選び

初心者でも大物ゲットの可能性が高い釣り天国ニュージーランド。より楽しく釣りをするために、できれば最初の数日間はフィッシングガイドに同行してもらうことがおすすめです。

この国の釣り場は土地勘がないと見つけるのが難しく、魚も警戒心が強いため、日本と同じ感覚で近づくと逃げられてしまうこともあります。また、そ のエリアならではのルールやマナーも存在しますから、ニュージーランドスタイルの釣りをマスターするためにも腕の確かなガイドは必要不可欠。釣り部門のあ るツアーオペレーターや旅行会社に優秀なガイドを紹介してもらうといいでしょう。

取材協力・監修:佐藤 玄

  • ロッド:6番が中心。メンディングとロールキャストを多用しますので、比較的ティップ部分が柔らかくバットに張りがあるもの。湖で釣る場合は7~8番もいいでしょう。
  • ライン:ウェイトフォワードフローティングライン。色は地味なものを選びましょう。
  • シンキングライン:フルシンキング、またはシューティングヘッドのタイプ2と4を1本ずつ。
  • リーダーティペット:2X、9または12フィートのリーダーに3Xのティペット。ナイロンとフロロカーボの両方を持参しましょう。
  • フライ:自分で巻く人はドライフライの場合はロイヤルウルフ、ハンピー、アダムスの10~14番、シケーダの6~8番。ニンフの場合はウェイトの入った10~12番のコーヒーブラウン、オリーブ黒のヘアーズイヤー。ストリーマーの場合は黒とオリーブのウーリーバカー。

    【ルアー】
  • ロッド:6.6~7.6フィートのライトもしくはウルトラライトのトラウト・ロッド
  • リール:2000番前後のスピニングリール
  • ライン:5~6ポンド。ナイロン系が使いやすいがPEでもOK
  • ルアー:スプーンの場合は7~14g。あまり軽いと流れの押しが強いので使えません。ミノーの場合は5~7cmでシンキングもしくはサスペンドがおすすめです。
  • フック:4~6号。トリプルフックは使用できないことがあるのでシングルフックに変えてください。

    【入国時の注意点】
    環境保護に力を入れているニュージーランドは入国時の検疫検査が厳しいことで知られています。釣具を持参する場合、以下の点に注意しましょう。
    ●ウェイダー
    できれば新調しましょう。もしくは直前にきれいに洗って漂白剤などでしっかりと消毒しておくこと。汚れていると持ち込めないことがあります。
    フェルト底は使用禁止なのでラジアル底ウェイダーを用意してください。滑り止めのスタッド付きが安心です。
    ●フライ
    マテリアルは持ち込みが難しいので完成フライを用意しましょう。

フライト検索