数時間でも何日でも、文明から離れてみたくなったら、公園や保護区へ行ってみましょう。

天然でも人造でも、美しい公園は人々の憩いの場です。のんびりと散策したり、写真を撮影したり、きらきらと輝く木漏れ日のなかで昼寝を楽しんだりしてみましょう。120万ヘクタールものフィヨルドランド国立公園のような大規模なものから、オアマルのビクトリアン・ガーデンのように、小さいながらも美しく造られたものまで、多種多様な公園があります。

ニュージーランドで園芸や環境保全に係わる人々は、熱意にあふれ、徹底した仕事をすることで有名です。国土の3分の1以上が公園や自然保護区内にあり、どこにいても植物の楽園が手の届く場所にあります。

北島のトンガリロからスチュアート島のラキウラまで、14ヶ所の国立公園が自然愛好家を待っています。その他にも、数え切れないほどの森林公園、景観保護地域、自然保護区、野生生物保護区などがあります。

また、全国のどの都市にも、手入れの行き届いた庭園を鑑賞できる美しいガーデンや公園があります。タラナキのシャクナゲ、ロトルアのバラ、そしてダニーデンの椿は見事です。

続きを読む閉じる
フライト検索