北島のみの旅程

パシフィック・コースト・ハイウェイ

6 日間
1170km
728Miles

ルート

オークランド中心部ネーピア

ハイライト

  • ビーチとワイナリー
  • 活発な火山活動
  • 手付かずの原生林

最適な季節

通年

パシフィック・コースト・ハイウェイはオークランドとネーピアを結ぶルートです。海沿いを走りながら表情豊かな海辺の景色を楽しめます。

古くは金の町であったコロマンデルへ向かう途中、テムズ湾を通ります。この辺りの海岸は波が穏やかで、絵葉書のような湾内の風景を望むことができます。半島の反対側に出ると、波が打ち寄せる白い砂浜が続きます。ホット・ウォーター・ビーチでは、砂浜に穴を掘って、自分専用の天然温泉に浸かりましょう。宿泊には、のどかで暮らしやすい町として人気のあるタウランガがおすすめです。その後ファカタネに向かい、沖合いの活火山が湯気を立てている様子を見ましょう。

イースト・ケープ周辺に点在する気さくな雰囲気の小さな集落を通り、シャルドネの町ギズボーンに進みます。そして、最終目的地のネーピアで、独特な街並みとワインを満喫しましょう。

パシフィック・コースト・ハイウェイは、グレート・ニュージーランド・ツーリング・ルートの一部になっています。

1日目

オークランド - フィティアンガ

2 時間

39

203 km

127 Miles

オークランド

ニュージーランド最大の都市オークランドは、2つの大きな湾に挟まれた土地にあり、一帯には48もの死火山の丘が点在しています。洗練された都会の雰囲気だけでなく、海のアドベンチャーや森林遊歩道、ワイナリー巡りも楽しめます。

テムズ(Thames)へは2通りの行き方があります。最短ルートでは、快適な自動車専用道路でボンベイ・ヒルズ(Bombay Hills)を越え、ハウラキ平野(Hauraki Plains)の緑あふれるのどかな風景の中をワイタカルル(Waitakaruru)まで走ります。もう一方は、時間はかかりますが、景観のよいルートです。クリーブドン(Clevedon)の村まで農場地帯を走り、続いてカワカワ・ベイ(Kawakawa Bay)、オレレ・ポイント(Orere Point)、カイアウア(Kaiaua)といった海辺の集落を辿りながら、テムズ湾(Firth of Thames)の沿岸の道に入ります。いずれのルートでも、途中でミランダ(Miranda)の温泉や鳥類保護区に立ち寄ることができます。

テムズでは金にまつわるニュージーランドの歴史に触れることができます。鉱山博物館には素晴らしい鉱物のコレクションが展示されています。また、森林の遊歩道に足を踏み入れると、金採掘の名残りが目に留まることも少なくありません。テムズ湾では、マングローブの林の中に整備された板張りの遊歩道を辿って、海鳥たちの姿を観察することができます。

コロマンデル(Coromandel)までは海岸沿いの道路を走ります。車窓からの眺めは素晴らしく、ポフツカワの並木に縁取られた美しい浜辺がいくつも連なっています。

コロマンデルは、かつて金採掘と林業で賑わった町です。現在では芸術家や工芸家、自然愛好家の集まる理想郷となっています。町には保存状態の良いビクトリア朝様式の建物がたくさんあり、興味深い博物館も見所となっています。周辺には素晴らしい遊歩道が多数あるほか、鉄道愛好家が創設したドライビング・クリーク(Driving Creek)の列車で、1時間程度の峡谷の旅を楽しむこともできます。

海に面したフィティアンガ(Whitianga)は漁港の町です。滞在中には美味しいシーフードが味わえます。地元で人気のアクティビティは、サーフィンや磯釣り、ビーチの散策などです。

オークランド中心部にはデザイナーのブティックがたくさんあり、家族揃ってショッピングが楽しめます。

オークランド中心部 から始める

活気あふれるオークランドの中心部では、思う存分ショッピングを楽しむのはもちろん、美味しい食事やアートを見て回る楽しみもあります。息を呑むような素晴らしい海の景観を眺められるのもオークランドならではです。

Whitianga

フィティアンガ で終わる

フィティアンガから数々のビーチへ足を伸ばしたり、マーキュリー・ベイの湾内でボートを楽しんだりできます。たくさんの漁船が停泊する港町なので、美味しいシーフードも期待できます。

所要時間と距離を計算