入国に際して

現在のページ

ニュージーランド到着時にスムーズに入国できるよう、適切なパスポートとビザを用意しておきましょう。

*以下のリンク先は全て外部の英語サイトです。日本語で概要を知りたい場合は、ニュージーランド大使館の日本語サイトを参照してください。

ニュージーランドは様々な目的で訪れる人々を歓迎し、この国を訪れるからには、よい思い出をたくさん作ってもらいたいと願っています。そのためにも、出発前に必要な準備をととのえておくことが大切です。

ニュージーランドに到着すると、まず入国審査があります。ここで、滞在日数プラス3ヶ月以上の残存期間がある有効なパスポートを提示します。出身国によって規定は異なりますが、通常、日本国籍の人が観光目的でニュージーランドを訪れる場合、3ヶ月以内の滞在ならビザは必要ありません。

観光目的で渡航する場合

以下にあてはまる場合はビザ(査証)が免除されます。

  • ビザ免除協定対象国の国民(日本人旅行者はこれに該当します。3ヶ月まで滞在可)
  • ニュージーランドおよびオーストラリアの国民もしくは永住権保持者
  • イギリス国民およびイギリスのパスポート保持者(6ヶ月まで滞在可

上記のいずれにも該当しない場合は、ビジター・ビザを取得しておく必要があります。このビザは最長9ヶ月までの観光を目的とする渡航に対して発給されます。ビザ取得にあたってオンライン出費を抑えたい個人旅行者は、オンラインで申請するとよいでしょう。本人だけでなく、パートナーや家族、グループなど同行者がいる場合は、申請用紙に必要事項を記入して提出してください。

ワーキングホリデー

ワーキングホリデー・ビザは18才~30才(国によっては35才まで)の若者を対象としています。滞在期間や就労など各種の制限がありますが、現地で働きながら最長12ヶ月(イギリス人のみ23ヶ月)まで旅行することができます。このビザを取得するには、所定の要件を満たすとともに、以下を証明しなければなりません。

  • 往復の航空券、または復路の航空券を購入できる十分な資金を所持していること。 
  • 主な目的は旅行であって、就労はあくまでも二次的な要素であること。

ワーク・ビザと居住許可

数年単位でニュージーランドに滞在し、就労や居住生活を希望する場合は、ワーク・ビザかレジデント・ビザを取得してください。いずれにしても、就職先の確保が必要となります。ウェブサイトニュージーランド・ナウには、ニュージーランドの就労事情、業界概要、就職活動のヒントや求人サイトの一覧などが掲載されていますので、参考にするとよいでしょう。

乗り継ぎとビザ

オーストラリアを経由してニュージーランドへ行くつもりなら、場合によってはオーストラリアのビザが必要です。詳しくは旅行代理店か航空会社に問い合わせてください。ニュージーランドを経由して他の国へ行く場合、例外として特に認められている場合を除き、乗り継ぎ用のトランジット・ビザが必要になります。

ビザに関する詳しい情報

このページに掲載されている情報は概要のみです。ニュージーランドへの渡航と入国に関する詳しい情報は、ニュージーランド移民局のウェブサイトで確認してください。

入国に際して

入国審査の前に入国カードに必要事項を記入しなければなりません。入国カードは通常機内で手渡されます。また、到着ターミナルにも用意されています。

持ち込み制限

入国審査後、手荷物を受け取ったら、税関・検疫に進みます。ニュージーランドでは、特有の環境を守るため、持ち込みが禁止もしくは制限されている物品があります。検疫上、何らかのリスクに関連するものはすべて、自主的に申告しなければなりません。主に注意が必要なのは、食品、植物、動物製品、アウトドアレジャー・スポーツ用品などです。

手荷物は探知犬やエックス線検査機などで調べます。リスクにつながる物品がないか、荷物を開けて係員の検査を受けるよう指示されることもあります。

罰金や没収などの事態を避けるためにも、持ち込み禁止・制限について事前に把握しておきましょう。持ち込み禁止・制限と申告義務についてはニュージーランド第一次産業省(バイオセキュリティ)のウェブサイトを参照してください。

免税範囲

ニュージーランド入国に際して、17歳以上の旅行者であれば、一定の範囲で酒類・タバコ類を免税で持ち込むことができます。免税範囲については、ニュージーランド関税庁のウェブサイトを参照してください。

関連サイト

•  ビザに関して - ニュージーランド移民局
•  動植物検疫 - バイオセキュリティ
•  関税について

お得な旅行情報

フライト検索