<1人でも参加OK!> 世界中から集まる旅トモと楽しむ、ユニークバスツアー

<1人から気軽に参加でき、異文化交流もできるバス旅>
世界中から集まる旅トモとニュージーランドの大自然を遊び尽くそう!美しい景色はもちろんのこと、日本ではなかなか体験できないアクティビティが気軽に楽しめる!周遊するには移動手段が心配・面倒という方にもお勧めの新感覚バスツアーをご紹介!

ニュージーランドと言えば、美しい景色に“ヒツジ”がいっぱい・・・という静かなイメージを抱く方も多いかもしれませんが、実はお隣のオーストラリアやヨーロッパ諸国からは、大自然を生かしたアクティビティやアウトドアスポーツを楽しむために、学生や若い世代の旅人が多く訪れるアクティビティ天国なのです。そんなニュージーランドを丸ごと遊び尽くせる、新感覚のバスツアーをご紹介します。

【3日間から19日間まで。新感覚のバス旅で楽しむニュージーランド】
見どころが南北の2つ島に点在するこの国を旅するには、バス旅が一番!北はビーチの美しいパイヒアから南は湖も山も楽しめるクィーンズタウンまで、北島・南島を19日で全部制覇する大周遊コースから、南島だけ、北島たけを巡るコースも。時間がないけれど、普通の観光ツアーは物足りない!という方ショートステイ派には、オークランドから2泊3日でベイ・オブ・アイランドへ訪れる超短期コースもあります。各地では観光スポットのご案内はもちろんのこと、ニュージーランドで生まれたバンジージャンプやゾーブをはじめ、スカイダイビング、ラフティング、氷河探検など、様々なアクティビティがオプショナルツアーとして用意されます。

【その名もユニークなCONTIKIツアー】
ちょっとユニークな名前ですが、超多国籍なバスツアーの名前は『CONTIKI(コンチキ)』。 コンセプトは若い人たちにリーズナブルで楽しい旅行をしてもらいたい!ということで、参加資格は18~35歳まで! 世界中から旅を思いっきり楽しみたい!という同じ感覚の若者同士で楽しみます。日本からは大学生を中心とした学生さんの参加者が多いですが、海外からの参加者は学生以外の方もたくさんいます。スタート地点には世界中から参加者が訪れ、一台の大型バスに乗り込んで出発!旅を楽しみながら、異文化交流もできちゃう、新しいスタイルのバス旅行です。

【1人参加大歓迎!】
このツアーの特徴として、1人で参加する人がとても多いということ。日本からの参加者も9割近くが1人参加です。うれしいことに、1人参加でも同性同士の相部屋となるため、1人参加の追加代金が不要なので、海外旅行に行きたいけれど、1人旅は心細い!という女子にもぴったりですし、もちろん友達同士の参加でも大丈夫。初めての海外旅行でも、いきなりバックパッカーで放浪の旅をするよりは、バスツアーでワイワイ楽しむ方が、友達もたくさんできるし、安全面でもお勧めです!

【共通語は英語】
ツアー中の共通語は英語となりますが、ツアーには英語を母国語としない国からの参加者もいるので、英語が上手に話せなくても、笑顔と度胸でなんとかなります!実際、英語が得意でなくても、片言の単語とボディーランゲージでツアーを楽しんでいる方がほとんどですし、海外で友達を作る、絶好のチャンスでもあるのです。特にニュージーランドはアクティビティが他の国よりも多く楽しめるので、一緒に同じ体験をすることで、より一層、そして早く仲良く慣れちゃいますよ。

【現地集合・現地解散】
CONTIKIツアーは現地発着型バスツアー。日本⇔スタート/解散地点までの航空券代金は含まれていませんので、別途手配が必要です。もちろん、このツアーだけの参加目的でニュージーランドを訪れることもできますし、ツアー前後に他の都市をじっくり訪れたりと、様々なアレンジも可能です。最近では、オークランドやクライストチャーチ等で1-2週間程度の短期留学をした後、CONTIKIツアーに参加する方も増えてきています。

【ツアー参加者の声①・・・28歳(社会人女性)/北島・南島周遊15日間に参加】
一生の思い出と友人ができました!短期間でニュージ-ランドの全部に行ける!英会話も出来る!と思っての参加でしたが、初日から慣れない英語の環境に疲れてしまい、こちらから話し掛ける余裕もないという状況でした。しかし、参加している皆が、ニュージーランドを満喫すると同時に国籍や年齢の垣根なく楽しもう!という人たちだったので、 ニュージーランドの息を呑む大自然の美しさを共有すること、唄ったり踊ったり、これだけで仲間になれた気がしました。アクティビティに参加して、おもいっきりエキサイティングな体験ができたこと、自由な時間には、ゆったり流れるニュージーランドの時間の中で、自然を感じ、リラックスし、身も心も解放できたことも本当に良かったです。

【ツアー参加者の声②・・・22歳(大学生女性)/南島周遊8日間に参加】
参加する前までは不安でいっぱいでしたが、ツアーが始まる前の日のミーティングでその不安はなくなりました。ほぼ全員が英語のネイティブでしたが、ほとんどのツアーメイトと話すことができ、ツアーが終わってもFacebookでつながっています。オプショナルツアーは天候に左右されることもあるので、少しでも気になるものがあるなら挑戦すべき。英語ができるに越したことはないですが、笑顔でいれば皆気にかけてくれるし、助けてくれると思います
 

著作

  • 電話
  • ウェブサイトを見る

あなたの体験を記事で投稿しませんか? あなたの記事を追加