ルーラル・ツアーズのファームステイ

ファームステイは現地の人々との出会いをじっくりと楽しみながらニュージーランドの文化や生活習慣に親しむ絶好のチャンスになるでしょう。

ニュージーランドといえば何を連想しますか、と日本の人に訊ねたとしたら、羊や緑豊かな風景(あるいはオールブラックス、キーウィフルーツ)といった答えが返ってくるでしょう。広々とした牧場に羊や牛が草をはみ、いろいろな動物たちと暮らしているというイメージ通りのニュージーランドを体験するなら、ファームステイがぴったりです。

ファームステイという滞在方法はあまり聞いたことがないかも知れませんが、ニュージーランドの一般の農家に寝泊まりし、ホストファミリーとの交流を楽しむものです。市中で行われているホームステイと基本的には同じですが、ニュージーランドの田舎暮らしを実際に体験できるという点が大きな魅力となっています。ファームステイは現地の人々との出会いをじっくりと楽しみながらニュージーランドの文化や生活習慣に親しむ絶好のチャンスです。完璧な英語が話せないことを心配する必要はありません。ホストファミリーは世界各地から訪れる人々を受け入れてきた経験者ですので、英語を母語としない人とコミュニケーションをとる方法をよく知っています。英語力を批評する人がいない環境で、楽しい経験をたくさんして、いっぱい笑いあって過ごせます。これはホテル滞在では決してできないことです。あなたも思い切って挑戦してみませんか。 

ルーラル・ツアーズは25年以上にわたあり海外からニュージーランドを訪れる旅行者のためにファームステイを手配してきた実績を有します。ホストファミリーはすべて家庭や設備、ホストとしての適正などをチェックして選んでいます。
ファームステイ先では通常ツインの寝室が用意されています。親しい人と一緒なら、楽しみも倍増するでしょう。3名1室の手配も可能です。ファームステイは家族旅行にもおすすめです。ゲスト用の寝室は2室はあるので、一緒に滞在しながら、風通しのよい広々とした牧場で動物たちとの触れ合いを楽しむことができます。タオル類はホスト宅で用意していますが、シャンプーや歯磨き粉、歯ブラシといった個人の衛生用品は持参してください。

ルーラル・ツアーズはニュージーランド各地のファームステイを手配しています。本拠地は北島のワイカト地方(オークランドから南へ1時間半ほど)なので、この地方のホストが最多となっています。ワイカト地方にはツチボタルのいるワイトモ洞窟やホビット村映画セットなどの有名な見どころがあります。西海岸側のラグランはサーフィンの名所で、サーフィン教室と組み合わせることも可能です。

また、ニュージーランドの一般人の家に滞在するので、家庭料理を味わえるのもユニークな特長です。庭で野菜を育てているホストも多く、とれたての新鮮な食材をふんだんに使った家庭の味はきっといつまでも心に残る思い出となるでしょう。食品アレルギー、その他の事情で特別な食事が必要な場合でも、事前にホストに依頼しておけば、リクエストに応じた食事を用意してもらえるので安心です。食事の仕度の際はぜひ積極的にキッチンで手伝いを申し出てみてください。1泊のファームステイには夕食と朝食、2泊以上の場合には滞在中の3食が含まれています。

ファームに滞在するからには、もちろん、農場体験は見逃せません。農作業をするホストファミリーと一緒に出かけて見学をしましょう。トラクターに乗ったり、動物たちと触れ合ったりするのも、ファームでは日常の一部です。雌鶏が生んだばかりの卵を集めるといった体験でも、日本の都市部で暮らしている方にとっては新鮮です。なお、実際の体験の内容は季節や農家によって異なります。タイミングによっては牛の乳搾りや羊の毛刈りは行われていないかも知れませんが、ロトルアのアグロドームのような観光農場を訪れれば見ることができます。

ファームステイを満喫するには最低でも2泊することをおすすめします。1泊のみでは行動範囲も体験の内容も限られたものになりがちです。2泊すればホストと一緒に最寄りの町に出かけて農場地帯の人々の生活のちがった一面を垣間見ることもできます。小さな田舎町には、オークランドやクライストチャーチといった都市部とは異なる魅力があります。  

ファームへの移動についても心配は要りません。ワイカト地方はもちろん、全国各地でインターシティがバスを運行しています。オークランドのスカイタワー近くのバスターミナルから出発し、ワイカト地方の目的地でバスを降りたら、その場でホストがお迎えし、一緒にファームへ向かいます。終了時もホストがバス乗り場までお送りします。お別れのときに思わず涙があふれてしまうこともよくありますが、それもまたよい思い出となるでしょう。ワイカト地方からロトルアまでは1時間もかかりません。オークランドもしくはベイ・オブ・プレンテイ地方へのアクセスも簡単です。 

ニュージーランドへ行く機会があればぜひ、現地の農家の人々と一緒に日常生活を体験できるファームステイを組み入れてください。フレンドリーなホストと羊、牛、犬、猫などの動物たちが待っています!

あなたの体験を記事で投稿しませんか? あなたの記事を追加