ロトルアの森林に張り巡らされた全長90kmものマウンテンバイク用トレイルは、初心者から上級者まで幅広い層の人々に人気があります。

国際級のトラックが整備されているロトルアは、国内外のマウンテンバイクの愛好家にとって理想的な目的地です。ダウンヒルや耐久レースなど様々なマウンテンバイクの選手権も開催されています。

ロトルアは権威ある国際マウンテンバイク協会 (IMBA) が最高水準の「ゴールド・レベル」に認めた世界6都市のひとつです。

それだけに自転車は身近な存在で、観光を兼ねたサイクリングはもちろん、規模・コースとも全国一と言われるBMX専用レーストラック、ロードレースの大会やトレーニング、マウンテンバイクに至るまで、様々な楽しみ方が可能です。

また、恒例行事となっているロトルア・バイク・フェスティバルの期間中に、あらゆる年齢層とレベルの人々を対象としたBMXやMTBのイベントが30以上も企画されるなど、多種多様な競技会が開催されています。

トップクラスの設備から静かな田舎道まで、ペダルを踏む機会は至るところにあります。美しい湖と原生林、素晴らしい地熱地帯を自転車で訪れるのもよいでしょう。

 

ファカレワレワ・フォレスト

ニュージーランドでも特に人気の高いファカレワレワ・フォレストの森林内には、子供や初心者に適したグレード2から上級者か選手向けのグレード5まで、レベルの異なるマウンテンバイク用のトラックが計145kmも張り巡らされています。

自分たちの走りたいコースを想定してマウンテンバイクの愛好家たちが開いた道は、セコイアスギや原生林に囲まれています。

路面や地形、風景は実に変化に富んでいて、レッド・ブルは南半球で最高と評価しました。ロトルア中心街から車でわずか5分、自由にアクセスできます。

マウンテンバイクのレンタル、ガイド付きパッケージツアー、ダウンヒルのためのシャトルサービス、その場で専門家による調整や修理が受けられる施設、自転車置き場や洗い場のある宿泊施設など、充実したサービスが揃っているのも嬉しいところです。

 

スカイライン・グラビティ・パーク

ロトルア近郊のノンゴタハ山にあるスカイライン・グラビティ・パークでは、8.5kmの国際級ダウンヒルが楽しめます。

ゴンドラを利用して通年アクセスできる世界初のダウンヒルコースとしてオープンしました。6つのコースからレベルに合ったものを選べます。また、ゴンドラがあるので、200mの高低差も気にせず起点に戻ることができます。

300mに及ぶジャンプ区間、国際級のスロープとラインは特に好評です。
スカイライン・ロトルアではゴンドラとマウンテンバイクを組み合わせたパスを半日、数日、シーズンなど各種用意しています。

 

レインボー・マウンテン

ロトルアから南へ30分かからない地熱地帯の中にあるトラックです。たっぷりと楽しんだ後は天然温泉に浸かってくつろぐことができます。

上級者向けの難易度の高いレインボー・マウンテン・バイク・ループは、ユニークな環境を生かして、専門家が綿密に設計したものです。マウンガカカラメアの頂上まで上り、ダウンヒルで下りてくるコースになっています。

急傾斜の上りでは相応の技術が求められますが、頂上にたどり着くと360度の大パノラマが広がります。上級者向けのグレード4のダウンヒルも簡単ではありませんが、スリル満点です。

ダウンヒルを終えると、テ・ランガ・ストリーム(ケロセン・クリーク)に出てきます。川に湧く温泉で休憩した後はテ・アラ・アヒ ー サーマル・バイ・バイクで起点に戻ります。

 

テ・アラ・アヒ ー サーマル・バイ・バイク

ロトルアのテ・アラ・アヒはニュージーランド全国を結ぶサイクル・トレイルの一部を成しています。間欠泉や噴気孔、沸き立つ泥沼など、地熱地帯特有の眺めを楽しみながらアドベンチャーを体験できる、所要2日間のコースです。

ロトルアとオラケイ・コラコを結ぶ全長66kmの道のりは、グレード2と走りやすく、途中4ヶ所で地熱アトラクションに立ち寄ることができます。

起点はロトルア中心街の美しいガバメント・ガーデンです。自転車は市街地でレンタルできます。

 

 

続きを読む閉じる
フライト検索