お勧めのドライブルート、アルパイン・パシフィック・ツーリングルート

現在のページ

ワインと地元の味覚を堪能できるワイパラ、温泉でゆったりくつろげるハンマー・スプリングス、そしてホエール・ウォッチングで有名なカイコウラ、という3つの見所が凝縮されています。

冬の間はスキーも楽しめます。3つの見所の間を移動するときには、のどかな牧歌的風景や田舎町をのんびりドライブしながら、気さくな地元の人々との触れ合いを楽しんでください。

ルート概要

このルートは南島北部に位置しており、1周370kmです。ワイパラからハンマー・スプリングスまでの国道7号線(State Highway 7)、ハンマー・スプリングスからカイコウラへの国道70号線(State Highway 70)、カイコウラからワイパラへの国道1号線(State Highway 1)の3つの区間から成ります。北、南、もしくは西へも道路がつながっているので、どの方向から来てもこのルートを利用することができます。

主な見所

「のんびりしたい」、「ちょっと贅沢をして自分にご褒美をあげたい」、そんな希望をかなえてくれるのが、この「アルパイン・パシフィック・ツーリングルート」です。ハンマー・スプリングス、カイコウラ、ワイパラのうち好きなところから出発しましょう。

カイコウラは、鯨やイルカなどの海洋性哺乳動物が最もよく見られる場所として、エコツアーの世界では大変有名です。昔は小さな漁村でしたが、今では旅行者に人気のスポットになりました。鯨やイルカの他にオットセイの姿も見られます。なんと鮫とダイビングすることもできます。カイコウラの見所は海だけにとどまりません。後ろに高い山脈がそびえたつ地形はとても美しく、冬には雪化粧をした山が町を見下ろしています。また、地元特産のクレイフィッシュ(伊勢エビ)を食べるだけでも、カイコウラを訪れる価値は十分あります。地元のレストランでは、素敵な海の眺めとともに美味しいシーフードを提供しています。

ハンマー・スプリングスまで静かなドライブを楽しみたいなら国道70号線を進んでください。交通量が少なく、手付かずの美しい自然を楽しめます。ハンマー・スプリングスはアクティビティ豊富な楽しい温泉の町です。緑豊かな山並みを背にしたこの町では色々な休暇の楽しみ方があります。昼間は、マウンテンバイクやハイキング、ジェットボート、さらに元気のある人はバンジージャンプにも挑戦できます。夜は天然の温泉につかって疲れを癒しましょう。さらに顔や全身のエステで若返ることもできます。

ワイパラは、ニュージーランドで最も新しいワインの産地のひとつです。ピノ・ノワールとリースニングが特に有名です。ワイナリーの中にはランチを出しているところもありますので、ぜひ立ち寄ってみてください。地元産のヘーゼルナッツやオリーブオイル、ラベンダー製品などは思わず手にとって見たくなります。これらはお土産にも最適な品々です。日曜日には、歴史あるウェカ・パス鉄道(Weka Pass Railway)に乗ることができます。この鉄道は、フルヌイとブラフを結ぶ1882年に開通したフルヌイ-ブラフ・メイン・トランク・ライン(Hurunui-Bluff Main Trunk line)の一部14kmを走っています。

フライト検索