首都ウエリントンから地熱地帯を巡る北島南部周遊

5 日間

850 km

ハイライト

  • ワイララパ地方のワイナリー
  • ネーピアのアールデコ建築
  • 地熱や温泉のアトラクション

ロケーション

車の運転をしなくてよいオプションもあります

様々なアトラクションを楽しめる北島の南部を5日で巡るルートです。

ニュージーランドの首都ウエリントンから北へ向かいワインの産地、 マーティンボロを目指します。ネーピアには多くのワイナリーがあります。街中ではアールデコ建築やデザインと、サイクル・トレイルではのどかなサイクリングを楽しめます。タウポで地熱公園やウォーターアクティビティを楽しんだら、火山地形の景観や自然保護区を通り、ウエリントンに戻ります。

1日目:ウエリントン~ワイララパ

ワイララパ
マーティンボロ, ワイララパ

Destination Wairarapa

ワイララパ

ワイララパ

ワイナリー、植民地時代の歴史やブティックのショッピング

ハイライト

  • ワイナリーのブドウ畑をサイクリング
  • ブティックでショッピング
  • 植民地時代の歴史

ロケーション

  • By car: 1時間30分 | 国道2号線で98km
  • By train: 1時間50分 | メットリンク利用

ウエリントンから北に向けワイララパを目指します。歴史のあるこの街にはアンティーク・ショップや小規模なワイナリーがあります。

植民地時代の趣を今に伝えるマーティンボロの周辺には20以上のワイナリーがありますが、その大半に中心街から徒歩か自転車で行くことができます。ニュージーランドでもトップクラスのピノ・ノワールを醸造している小規模な家族経営のワイナリーもあるので、ワイララパはワイン愛好家に人気の旅行先となっています。自転車をレンタルしてブドウ畑の中を走ったり、ガイド付きのワイナリーツアーに参加したり、地元のワイン・センターを訪れるのがおすすめです。

もしくは、石灰岩の深い裂け目を通るパトゥナ・チャズム遊歩道をハイキングしたり、近くのグレイタウンにある開拓民博物館を見学するとよいでしょう。

2日目:ワイララパ〜ネーピア

ホークスベイ
グルメ&ワイン, ホークスベイ

Fraser Clements

ホークスベイ

ホークスベイ

ワイナリー、野生動物、アールデコの街並み

ハイライト

  • クラシック・ニュージーランド・ワイン・トレイル
  • アートギャラリーやアンティークショップ
  • アールデコの首都

ロケーション

マーティンボロから北へ向かい、ワイララパ 最大の街、マスタートンを目指します。美しいクィーン・エリザベス公園を散策したり、ウールシェッド・ミュージアムやアラトイ:ワイララパ博物館を見学するのがおすすめです。プカハ / マウント・ブルース国立野生動物保護区ではここにしか飼育されていない真っ白なキーウィに会えます。

ネーピアヘイスティングでは、1931年の大地震後に復興した、当時流行の美しいアールデコ建築が見られます。MTGホークスベイ博物館では地元の興味深い歴史を見学しましょう。数多くのワイナリーがあるホークスベイには、ネーピアから自転車でもすぐアクセスできるところがたくさんあります。その他の見どころには、キッドナッパーズ岬のカツオドリのコロニーがあります。

3日目:ネーピア~タウポ

レイク・タウポ
ワイラケイ・テラス, レイク・タウポ

Destination Great Lake Taupo

ロトルア

レイク・タウポ

ニュージーランド最大の湖

ハイライト

  • 天然温泉
  • フカ滝とジェットボート
  • カヤック、スカイダイビングやサイクル・トレイル

ロケーション

ネーピアからタウポまで幻想的な風景が見られます。険しい丘陵地、美しい渓谷、なだらかな平原、広大な眺めなど、あらゆる風景を目にすることができます。タラウェラでは、ワイプンガ川を見下ろす温泉まで歩いてみるとよいでしょう。また、ワイアルア・フォールズの展望台に立ち寄ると、流れ落ちる2つの滝を見ることができます。

フィッシングをするならトラウトがいっぱい生息している国内最大の湖、タウポ湖がおすすめです。カヤック、ボート・クルーズなどウォーターアクティビティを楽しむならパーフェクトな場所です。近くのフカ・プローン・パークは養殖場とテーマパークの両方を兼ね備えたアトラクションです。自分で釣ったエビを調理してもらって食べたり、パーク内のちょっと変わったアクティビティも試すことができます。

4日目:タウポ~パーマストン・ノース

マナワツ
峡谷を探検, マナワツ

Destination Manawatu

マナワツ

マナワツ

はニュージーランドの緑豊かな農場地帯です。

ハイライト

  • フライフィッシング
  • マンガウェカ峡谷
  • バラ園と博物館

ロケーション

今日ドライブする最初の区間はデザート・ロードです。火山地帯の高原を通るこの長い直線道路ではトンガリロ国立公園の雄大な火山風景を眺めることができます。

南へ向かう途中、ワイオウル国立陸軍博物館に立ち寄りましょう。この高い評価を得ている博物館は、ニュージーランド国内の戦争から最近の平和維持活動まで、陸軍の歴史を展示しています。途中には道路に沿ってタイハペ(世界の長靴投げ首都)やアンティーク・ショッピングで知られるブルズなどの街を通ります。

復元された歴史的な建物のあるパーマストン・ノースには、魅力あふれるたくさんのブティック、カフェ、レストラン、そして美しいバラ園があります。

5日目:パーマストン・ノース~ウエリントン

ウエリントン
ゴールディングス・フリー・ダイブ, ウエリントン

Positively Wellington Tourism

ウエリントン

ウエリントン

多彩な文化、歴史、自然そしてグルメ

ハイライト

  • フクロウがいるシャノンの野生動物公園
  • カピティ島
  • レストランやバー

ロケーション

南へ向かう今日のドライブではたくさんの興味深い見どころがあります。

シャノンにはアウルカトラズ野生動物公園があります。ここではニュージーランド固有種のフクロウ、ルルが飼育されています。レビンにはいろいろなタイプの衣料品を扱う工場のアウトレットショップがあります。近くにはバードウォッチングに最適な砂丘にある2つの美しい湖があります。ワイカナエを訪れたり、カピティ島を訪れるのもおすすめです。カピティ島では自然のままに生息する希少な鳥類に出会うことができます。

ウエリントンに戻ったら、ダウンタウンを探索して午後を過ごしましょう。首都であるウエリントンは美味しいカフェやレストラン、素晴らしい博物館、美術館の集まる都市です。ダンスや演劇、音楽の公演も盛んです。

ニュージーランドでの運転

ニュージーランドで車を運転する前に知っておきたい重要なポイントを確認しましょう。

ルートを地図で確認

関連情報

おすすめモデルコース  →

入国に際して →