大聖堂広場 - クライストチャーチ

現在のページ

風情ある大聖堂がそびえる大聖堂広場から、クライストチャーチの旅の一日が始まります。

大聖堂広場は南島最大都市のクライストチャーチの商業、観光の中心地。名前が示す通り、市内で最も名の知られた大聖堂、キリスト教会が目前に立っています。 大聖堂は、イギリスの著名な建築家、ジョージ・ギルバート・スコット卿によって設計された、ゴシック・リバイバル様式の建物です。 土台の礎は1864年に着工しましたが、工事が最終的に完成したのは40年後の1904年のことでした。木材はバンクス半島から運ばれてきたマタイやトタラといった原産種のもので、天井部分だけでも50,000本以上もの材木が使用されています。石材はカンタベリー地方の奥地、キャッスル・ヒルや北部のアンバレー、近場のポート・ヒルから採石されました。 大聖堂は毎日入場可能で、大聖堂内の塔の上からは市内の素晴らしい眺めが楽しめます。 大聖堂広場は交通規制がされ、出店やパフォーマンスが繰り広げられています。観光客や家族連れで毎日賑わい、市内の主要な見所をぐるりと一回りする便利な路面電車クライストチャーチ・トラム(Christchurch Tramway)の発着所にもなっています。 大聖堂広場横にあるビジター・インフォメーション・センターでは日本人スタッフも常駐しているので、旅の手配も安心です。 (大聖堂および大聖堂広場は2011年2月11日の大震災により被害を受け、現在再建中です)

フライト検索