フード&ワイン - ネルソンとマールボロ

現在のページ

南島の北端の海や大地には、独特の爽やかさが漂っています。芸術家の多いこの地方では、フレッシュな風味のワインにあう、シンプルながらはっきりとした主張のある料理が好まれています。

マールボロ

全国のソーヴィニヨン・ブラン種のブドウの85%が栽培されているマールボロ地方は、ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランの都です。香り高くすっきりとした風味は、グーベリーやパプリカに例えられています。ソーヴィニヨン・ブランは世界市場で最も成功をおさめたニュージーランド産ワインでもあります。

ソーヴィニヨン・ブランに次ぐピノ・ノワールも質が高く、芳醇でやわらかな味わいが絶賛されています。他にも、フルーティーなシャルドネや、切れのよいリースリングなどがマールボロで生産されています。

ヴィンヤードはワイラウ・バレーやアワテレ・バレーに集中しています。土地は平坦なので、サイクリングを楽しみながらグルメ体験ができます。レンウィックという小さな町を中心として、24km以内の範囲に30ヶ所ものワイナリーがあります。自転車のレンタルも簡単に手配できます。

アラン・スコット・ワイナリー(Allan Scott Wines)、クリフォード・ベイ・エステート(Clifford Bay Estate)、ワイラウ・リバー・ワイン(Wairau River Wines)など、ランチメニューのあるワイナリーでは、スモークサーモンやブルーコッドのような地元の食材を味わうことができます。環境に恵まれ、上質の材料が手に入りやすいマールボロには、国内外から才能あるシェフが集まっています。ヘルツォーク・ワイナリー&レストラン(Herzog winery and restaurant)では豪華なディナーだけでなく、厨房でシェフに混じって料理体験ができるというユニークなオプション(kitchen confidential)もあります。

この地方の中心的な町であるブレナムのすぐ近く、ハブロックの海では、みずみずしいムール貝が水揚げされています。

ネルソン

海洋性気候のネルソンは好天に恵まれ、太陽の光がたっぷりと降り注いでいます。ここもワインの名産地で、ソーヴィニヨン・ブランやシャルドネは凝縮された風味と爽やかな香りが特徴です。ソフトな味わいのピノ・ノワールも作られています。

クリエイティブな人々が集まるこの地域には、小規模ながら質の高い個人経営のブティック・ワイナリーがたくさんあります。ネルソンのワインの生産者は、飲みやすいこだわりのワインを丁寧に造ることで知られており、大量生産の商業的なワインとは明らかに異なります。ヌドルフ・エステート(Neudorf Estate)のワインは、ヨーロッパの有名レストランのワインリストに入っています。カイミラ・エステート(Kaimira Estate)は、イギリス、アイルランド、シンガポール、アメリカに輸出されています。

ドライブ旅行でネルソン周辺を走る機会があれば、道中のグルメスポットを見逃さないようにしましょう。パンやチョコレート、ペスト、チャツネ、ハチミツ、ジャム、サラミなど、職人の手作りの品をあちこちで見つけることができます。マプア(Mapua)にはカフェを併設した燻製工場があり、魚やムール貝、野菜など、燻しあがったばかりのものんを食べることができます。モトゥエカ(Motueka)にはオーガニックのカフェがあります。

ネルソンの市街地の海側には、レストランがたくさん並んでいます。ゴールデン・ベイ産のホタテ貝など、地元の素材をたっぷりと使った料理を味わってみてください。主流の料理はいわゆる「スローフード」です。作る側も、食べる側も、単なる消費に終わらせず、時間をかけて楽しむことを大切にしているのです。

フライト検索