グレート・レイク・トレイル

1-2 日間

71km

ハイライト

  • 広大な湖と山々の絶景
  • 魅力的な森林
  • 流れのよいトレイル

ロケーション

  • By car: タウポから3時間30分
  • By car: タウポから 20分

グレード 3

中級者向け

現在のページ

森林に覆われたタウポ湖沿岸域を走るトレイル。トンガリロ国立公園の山々を望む絶景が通年楽しめます。

レイク・タウポ
グレート・レイク・トレイル, レイク・タウポ

Derek Morrison

レイク・タウポ
グレート・レイク・トレイル, レイク・タウポ

Derek Morrison

New Zealand
グレート・レイク・トレイルを走る, New Zealand

Destination Great Lake Taupo

New Zealand
ワイハハからワイホラへ, New Zealand

Jo Donaldson

概要

グレート・レイク・トレイルでニュージーランド最大の湖のほとりを走ると、緑豊かな森林や湿地、滝、ビーチ、そして展望ポイントからのパノラマ風景が満喫できます。ニュージーランド・サイクル・トレイルの一部をなすこのトレイルには、リゾート地として人気のあるタウポの町から簡単にアクセスできます。全域を2日間で走破するか、自分に適した難易度の部分を選んで走るかは自由です。路面はおおむねスムーズで流れも良好ですが、上り区間も多いので、ある程度の体力のある方に適しています。 

トレイルの特徴

タウポの西に位置するグレート・レイク・トレイルには3つの区間があり、内陸の森林と岸辺の混在する環境で爽快な走りが楽しめます。

町に最も近いW2K トラックはファンガマタ・ベイとファカイポ・ベイの間にある緑豊かな岬の上を巡る人気の高いトラックです。絶景が満喫できることで知られ、閑静なキンロックの住宅街から出発し、ファカイポ・ベイに抜けるか、途中でより手応えのあるヘッドランド・ループの周回コースに入るかを選べます。いずれの場合も所要は半日程度です。

W2K トラックはキンロックで西方面のK2Kトラックとオラカウ・トラックに接続します。こちらはカワカワ・ベイファンガマタ・ロードの湿地帯を通ります。必要に応じてトラックの両端から交通機関を利用することができます。こちらも所要半日程度で湖と森の美しい風景が楽しめます。

第3区間はウエスタン・ベイズ・ロードとワイホラ・ベイを結ぶワイハハ・トラックです。谷側から湖へ下ったら、手配しておいたボートで町に戻ります。1日がかりですが、真の静寂と大自然が満喫できるはずです。

グレート・レイク・トレイルの全長は71kmありますが、西端のウエスタン・ベイズ・ロードから東端のファカイポ・ベイまでの52kmを走り抜けるコースが好まれています。

大半が湖畔で、水はけのよいスムーズな道になっていますので、通年楽しめるのも魅力です。特に冬のよく晴れた日には、雪を冠った火山群の眺めが目を楽しませてくれます。

トレイルマップはこちら

走行にあたって

技能レベルに合った区間を選んで走れますが、トレイルとしてはグレード3の中級向けに分類されており、相応の経験のある方に適しています。

道順は標識で示されていますが、道中には何もないので、水や食品、基本的なツールキット、携帯電話(所により電波が入りにくい場合があります)などは各自でしっかりと用意しておく必要があります。 また、出発前に他の誰かに行き先を知らせておきましょう。

天気予報のチェック、状況に応じた服装の用意も忘れずに。タウポは山に近いので、真夏でも急激に気温が低下することがあります。

 

送迎とツアー

スタート地点のワイハハ (タウポから54km、ウエスタン・ベイズ・ロード)および終点のファカイポ・ベイ (タウポから7km) にアクセスするシャトルが利用できます。 クリス・ジョリー・アウトドアーズがワイホラ・ベイとカワカワ・ベイを結ぶ水上タクシーを運航しています。

マウンテンバイクのレンタル可。シャトルはアドベンチャー・シャトルズグレート・レイク・シャトルズに依頼できます。トレッド・ルーツでは、シャトル、ガイド付きツアー、自転車旅行パッケージなど幅広いサービスを提供しています。

車も自転車もある場合は、キンロックを拠点にするとループや往復ルートを組み合わせて楽しめます。

 

フライト検索

マウンテンバイクの旅を計画しましょう

We're sorry, but there are no trails matching your search in this region.

付近にはこんな場所もあります

ザ・ティンバー・トレイル →

マウンテンズ・トゥ・シー →

42トラバース →

ブリッジ・トゥ・ノーウェア・トラック →