キャサリン・マンスフィールドの生家

ニュージーランドで最も有名な作家、キャサリン・マンスフィールドは19世紀終わりから20世紀にかけて活躍した現代短編小説家です。

キャサリン・マンスフィールドは欧州で短い生涯を終えましたが、生まれ育った町はニュージーランドの首都ウエリントンです。市内にある生家が一般に公開されています。

ウエリントンで最も古い郊外地区、ソーンドンは今でもマンスフィールドと深く関連のある地域です。ティナコリ通りの25番地にある生家を訪れれば、多くの作品の背景を理解し味わい楽しむことができるでしょう。 
ここで過ごした彼女の思い出と体験は、有名な短編、『アロエ』、『前奏曲』、『誕生日』などの作品に再現されています。

その時代に使われていた家具を揃え内装を復元した生家は、当時そのままの雰囲気を作り出しています。生家の展示にはマンスフィールドの作品の抜粋や年代の写真コレクションもあります。

フライト検索