ロングステイ特集 - 銀行口座の開設や預貯金について

現在のページ

  • ホーム
  • ロングステイ特集 - 銀行口座の開設や預貯金について

ニュージーランドでロングステイをする際、最も重要な要素のひとつである生活資金。大切なお金を安全に賢く管理するには、銀行口座の開設が不可欠です。その手順と活用方法、また、日本の銀行とは異なる点をご紹介しましょう。

ロングステイの生活資金を管理するには

ニュージーランドにある銀行は、民間5行(オーストラリア・ニュージーランド銀行、ASB銀行、ウエストパック銀行など)、国営1行(キーウィ銀行)の6行。各行とも多様な種類の口座やプランを用意しているので、何行かを比較して自分に合うものを選ぶといいでしょう。

基本となる口座の種類は、貯蓄口座(Saving Account)、小切手使用口座(Cheque Account)の2種類ですが、後者はその名の通り、小切手使用のための口座なので、ロングステイではほぼ不要です。前者は日本の普通預金口座に当たるもので、預金の出し入れは自由です。家賃や光熱費の引き落としにも対応しており、キャッシュカードも発行してもらえるので、まずはこの口座を開設することをおすすめします。特にキャッシュカードは、ニュージーランド全土に普及しているデビット・カード「EFTPOS(エフトポス)」にもなるので大変便利です。キャッシュカードとして使用する時も、24時間・年中無休のATMが街中に数多く設置されているので、不便を感じることはないでしょう。

さらに、こうしたATMの多くで、日本の口座から現金を現地通貨で引き出せる国際キャッシュカードが使えることも覚えておきたいもの。日本のさまざまな銀行で国際キャッシュカードを扱っていますから、内容を確認のうえ、準備しておくといいでしょう。また、同じく持っておきたいのが、クレジットカードです。ニュージーランドではほとんどの場所で利用できるほか、身分証明書にもなり、レンタカーやホテルの予約時に必要となることも多々あります。

前出2つの口座には、通常、利子が付きません。資産運用等を考えて利子を希望されるなら、定期預金口座(Term Deposit)の開設が必須です。

口座を開く銀行を決めたら、必要書類を持参して窓口に出向きます。その際、2種類の身分証明書(パスポート、クレジットカードなど)の提示を求められるの で、揃えておきましょう。こうした現地でのやりとりに不安がある方は、東京と大阪に支店があるオーストラリア・ニュージーランド銀行で、出発前に口座開設 を済ませておくことをおすすめします。予め口座を開いておけば、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行など、海外送金サービスのある日本の銀行から、生活資金を 事前に送れるというメリットもあります。銀行からの海外送金は、日本円をニュージーランド・ドルに両替してから行われますが、民間企業に依頼して円建てで 送金することも可能です。

ニュージーランドの銀行が日本と大きく違う点は、通帳がないことでしょう。その代わりに口座レポートが毎月、指定の住所に郵送されます。口座維持費が チャージされることも一般的ですが、銀行によっては一定額以上の預金があれば無料になります。そのほか、インターネットやテレフォンバンキングが盛んなこ とも特徴です。

日本へ帰国する際、今後ニュージーランドの銀行を使う予定がなければ、滞在中に口座を解約しておくこと。キャッシュカードと身分証明書を持って窓口に行き、係員にその旨を伝えて手続きを行いましょう。

フライト検索