ロングステイ特集 - 健康や医療について

現在のページ

  • ホーム
  • ロングステイ特集 - 健康や医療について

ロングステイを楽しむためには、健康であることが第一です。日頃から体調管理に気を配るとともに、万一に備え、日本とは異なるニュージーランドの医療制度や保険の仕組みを知っておきましょう。

ニュージーランドで安心して医療サービスを受けるには

ニュー ジーランドは医療技術・設備ともに高い水準にあり、安心して治療を受けることができます。日本と大きく異なる点は、緊急の場合を除き、病気でもケガでもま ずはGP(General Practitioner)と呼ばれる一般開業医に診てもらうこと。そのため、この国では多くの人々がかかりつけ医となるGPを決めています。専門医療機 関や公私立病院を利用する場合も通常、GPの紹介状が必要ですから、長期滞在をする際にも自分のGPを見つけておくと心強いでしょう。最寄りのGPは電話 帳「ホワイトページ」の医療(Medical)欄で検索できますが、近所の人たちに評判のいいGPを紹介してもらうという方法もあります。持病がある人は 日本で英文診断書を用意し、GPに目を通しておいてもらうといいでしょう。 GPの開業時間は平日の9:00~17:00、土曜は午前中のみもしくは休診で、日曜・祝日も休診するのが一般的です。しかし、大きな都市には24時間体 制で時間外診療を行っているメディカル・センターがあるので、週末に具合が悪くなった時はここを利用しましょう。

緊急時に救急車を呼ぶ際は「111」にダイヤルを。警察も消防も同じ番号なので、オペレーターに救急車(Ambulance)が必要な旨を伝えます。なお、ニュージーランドでは救急車が有料(NZ$45~)であることに留意しておきましょう。

ニュージーランドでは、事故などでケガをした場合、外国人であっても政府から治療費の一部、もしくは全額が支払われます。病気の場合はニュージー ランドの市民権もしくは永住権を保持していれば補助が受けられますが、歯科医や私立病院での費用は自己負担です。また、医療費は概ね高額なので、日本出発 前に海外旅行傷害保険に加入しておくことをおすすめします。海外旅行傷害保険が付帯されたクレジットカードを所有していれば加入する必要はありませんが、 補償内容は予め調べておきましょう。この時、その保険が医療通訳者の費用を負担してくれるかどうかも併せて確認を。ニュージーランドには日本人医師がほと んど存在せず、英語で対応しなければならないので、医療通訳者は欠かせません。保険の提携病院なら、キャッシュレスで治療や通訳サービスが受けられるので 便利で安心です。ほかに、日本人オペレーターが病院の手配や予約を代行してくれる日本語医療紹介機関もあるので、事前にチェックするといいでしょう。

薬の購入には、基本的に医師の処方箋が必要です。風邪薬や鎮痛剤、胃薬などは処方箋なしでも入手できますが、日本人には効き目が強いことも少なくないので、常備薬は日本から持参するのがおすすめです。

フライト検索