ロングステイ特集 - ライフラインや電話の、契約・解約

現在のページ

  • ホーム
  • ロングステイ特集 - ライフラインや電話の、契約・解約

電話・電気・水道といった公共サービスは、長期滞在になくてはならないものです。ニュージーランドにはこうしたライフラインが完備し、快適に利用することができます。それぞれの契約方法について、解説しましょう。

ニュージーランドでの生活に必須なライフラインを整えるには

住居が決まったら、暮らしに不可欠なライフラインを整えましょう。快適な生活がおくれるよう十分完備されているニュージーランドのライフライン環境ですが、日本と異なる点もあります。それは、ガスの普及率です。ニュージーランドではガスの普及は一般的でなく、キッチンや給湯も電気を使用するのが一般的です。入居に際して必要となるライフラインを事前に確認しておきましょう。

契約の手順は基本的に日本と同じなので難しくありません。まず、電気・ガスを開設するには、ロングステイをするエリアの電力・ガス会社に連絡を取ります。 住居には管轄の電力・ガス会社や住居の管理者から新しい入居者への案内がありますので、それに従って手続きをすすめます。オンラインで手続きを行うことも できます。その際、希望する電力容量(キロワット数)、支払い方法(銀行引き落とし、振込み、クレジットカード払いなど)について事前に決めておくとス ムーズでしょう。電気の場合、既に配線済みの物件であれば申し込み後、数時間で、配線工事が必要であれば数日後から使えるようになります。電気料金は使用 電力量や地域によって変動しますが、オークランドではスタンダード・プラン(8,000~16,000キロワット)で月NZ$80~90ほど。初回は保証 金(約NZ$300)がプラスされますが、契約解除時に使用料を除いた差額が返還されます。

水道を新たに引きたい時は、生活する自治体の水道担当部署に連絡を入れましょう。料金や検針・請求の頻度は地域によって異なり、オークランドのMetro Waterでは1,000リットル毎に約NZ$1.4となります。 クライストチャーチなど地域によっては住宅の固定資産税に含まれ、水道代の必要のない地域もあります。

家庭用電話回線の接続は、通信会社Telecome(テレコム)に電話(電話番号:123)もしくはオンラインで申し込みましょう。この際、インターネッ トや接続携帯電話の契約も同時に行うことが可能です。開設費用は約NZ $49ですが、物件に電話線が引かれてない場合は工事が必要となり、その費用を別途負担(NZ$ 72.30~)しなければなりません。

テレコムにはキャッチフォンなどのオプション・サービス、衛星放送のSKY TVと組み合わせたプランといった多様な料金体系があるので、自分に合うものを選択しましょう。例えば市内通話が無制限のホームライン・プランであれば、 月々の基本料金は約NZ$43。請求時には、これにメンテナンス費用と回線使用料がプラスされます。

ライフラインの契約を解除する際は、請求書などに明記されている顧客番号を用意して各機関に連絡しましょう。申し込み時と同様、オンラインで手続きができる会社もあります。

フライト検索