ロングステイ特集 - ロングステイの魅力

ロングステイで満喫するニュージーランドの魅力

朝、鳥のさえずりとともに目を覚まし、1時間かけて公園をゆっくり散歩。朝食をすませ、郊外の自然保護区へ。手つかずの自然が残る森の中を、固有の植物を観察しながらトレッキング。高台から望む景色とともに、手作りのランチをほおばる。ひと休みした後は、街に戻って、ウィンドウショッピング。途中、お気に入りのカフェで煎れたてのおいしいコーヒーを飲みながら、マスターを相手に英会話の練習。週末にテニスのお誘いを受ける。いつものスーパーで買い物をし、早めの夕食の後、沈む太陽を眺めながら、ビーチでぼんやり。

これは、ニュージーランドでロングステイをした体験者のある日の様子です。この何気ない一日の中にも、駆け足で観光名所を通過する旅行では体験できない、ニュージーランドの姿があります。ひとつの場所に長く滞在し、現地の生活や文化をゆったり楽しむ、新しい海外旅行のスタイル。それが財団法人ロングステイ財団の提案する、ロングステイ(*1)です。

日本の約3/4程度の国土面積に、人口が約400万人と少ないため、手付かずの自然が多く、ゆったりとした時間が流れています。オークランドの都市部からでも、ほんの30分ほど車を走らせれば、海や山、川、そして、湖など、ニュージーランドの雄大な自然の中に身を置くことができます。

そんな環境の中で生活をするニュージーランドの人々は、とても穏やかで親切。世界で最も治安の良い国のひとつといわれています。また、1年を通して温暖な気候なうえ、日本との時差がわずかというのもニュージーランドの魅力。初めてのロングステイでも、安心して無理なく楽しむことができます。さらに、3ヶ月以内の観光または留学を目的とした滞在の場合、日本のパスポートであれば入国前にビザを取得する必要がありません。しかも、現地で訪問者ビザの延長を行うことにより、最長9ヶ月までの滞在が可能となります。 (*2)

生活の文化レベルを落とさずに、温暖な気候の中、自然に包まれながら、安心して豊かな時間を過ごしたい。そんな願望が無理なく叶う環境が整っているニュージーランド。あとは、現地の人々と交流したり、英語や新しい習い事に挑戦したり、趣味を深めたりと、思い思いのスタイルでロングステイを楽しんでください。きっと人生をより鮮やかに彩る、有意義な体験となるはずです。
 

 

(*1)「Long Stay(ロングステイ)」は(財)ロングステイ財団の登録商標です。ロングステイは帰国を前提とした2週間以上の長期海外滞在型余暇を意味し、「移住・永住」とは異なります。


(*2)訪問者として滞在できるのは18ヶ月以内に合計9ヶ月間までです。つまり訪問者としてニュージーランドに9ヶ月間滞在したあと、9ヶ月間はNZ国外で経過しなくてはなりません。最初に無査証で入国された方は無査証で滞在された期間もカウントされます。

 

 

フライト検索