ロングステイ特集 - ニュージーランドでの運転や国内旅行

現在のページ

  • ホーム
  • ロングステイ特集 - ニュージーランドでの運転や国内旅行

ニュージーランド国内をのんびりと旅行することも、ロングステイの楽しみのひとつです。運転免許証をお持ちなら、ぜひ車を駆って出かけましょう。この国は日本と同様に左側走行。独自のルールに慣れれば、運転は難しくありません。

ニュージーランドを楽しくドライブ旅行するには

ひとつの場所にベースを定め、暮らす感覚で滞在するロングステイ。拠点となる街の生活に慣れたら、さらに新しい体験を求めて国内旅行に出かけてはいかがでしょうか。ニュージーランドの魅力はバラエティに富んだ自然の姿が見られること。オークランドのような都会でも少し足を延ばしただけで素晴らしい風景と出合えますから、小旅行にも最適です。

長距離バスや鉄道を交通手段に使うこともできますが、より自由に動き回りたいなら車の利用がおすすめです。特に地方では公共交通機関が限られていますので、車は不可欠。日本人の場合、1年以内の滞在であれば国際免許証の所持で運転が可能です。国際免許証は日本国内の指定警察署や運転免許試験場で発行してもらえますから、ぜひ取得しておきましょう。

車は購入することも可能ですが、滞在期間が1年未満のロングステイヤーなら、レンタカーを借りたほうが手間もかからず経済的です。ハーツ、バジェットといっ た大手レンタカー会社もあり、インターネットや電話で簡単に予約できます。希望の車種クラス、利用期間などを伝え、見積もりを出してもらいましょう。予約 時にはクレジットカードが必要となりますので、予め用意しておくこと。ほとんどの場合、自動車保険は料金に含まれていますが、$1000程度の免責額も設 けられているので、心配な人は免責保障の保険を追加でかけておくといいでしょう。

この国は日本と同じく左車線走行なので、日本人にとって運転は難しくありません。ただし、ニュージーランドならではの交通ルールも存在します。最 も気をつけたいのは、曲がる時に右折車両が優先されること。そのほか、日本にはないラウンドアバウトという右回りのロータリーがあることも覚えておきま しょう。これは、信号のないサークル式の交差点で、右から来る車が絶対優先となります。ラウンドアバウトに侵入する時は、右から車が来ていないかを確認す ることが必須です。

車社会であるニュージーランドの道路状況は概ね良好で、目的地までの道路標示もわかりやすく、日本の高速道路/自動車専用道路に当たるモーターウェイも整備 されています。モーターウェイには通行料が必要ないので、日本よりも安く気軽に車の旅が楽しめます。都市部をのぞけば渋滞もほとんどなく、快適にドライブ できるでしょう。ついスピードを上げたくなるかもしれませんが、標識をよく見て法定速度を守ること。もちろん飲酒運転は厳禁です。また、倒木や洪水、降雪 で通行止めになったり、家畜の群が道路を横断したりと、日本ではあまり遭遇することのないハプニングもしばしば起こります。そんな時も慌てずにすむよう、 余裕を持ったスケジュールを組みましょう。

ニュー ジーランドにはAA(Automobile Association)という日本のJAFのような組織があります。急に車が故障したり、車内に鍵を置いたままロックしてしまった時などは、電話をする と24時間・年中無休で対応してくれますから、加入しておくと便利で安心です。AAは全国にオフィスがあり、会員以外でも無料の地図やエリアガイドが入手 できるので、活用するといいでしょう。

フライト検索