ニュージーランドのパワースポット

現在のページ

ニュージーランドは二つの主要な島(北島、南島)と小さな島々からなる国で、自然豊かなその大地には地球のエネルギーを感じることのできる多くのパワースポットが点在しています。

New Zealand
Many of Northland's kauri trees are thousands of years old., New Zealand

Destination Northland

Many of Northland's kauri trees are thousands of years old.

タネ・マフタ

タネ・マフタは、ニュージーランド北島北西部のワイポウア森林保護区 に自生する推定樹齢1,200年、幹周り13.8メートル、樹高51.2メートルのカウリの巨木で、ニュージーランドにおいて最も有名で最も大きな樹です。マオリ語で「森の神」を意味するこの巨木は、そばに立っているだけで神秘的な雰囲気と強いエネルギーを感じ取ることができます。また鹿児島県屋久島の縄文杉と『姉妹木』でもあります。

New Zealand
Mokoia Island is spiritually significant to the Te Arawa people of Rotorua., New Zealand

Destination Rotorua

Mokoia Island is spiritually significant to the Te Arawa people of Rotorua.

モコイア島

モコイア島は、ロトルア湖に浮かぶ小さな無人島です。先住民マオリの伝説には、湖岸の部族長の娘ヒネモアがモコイア島に住む恋人のツタネカイのもとへ湖を泳ぎ渡ったという有名なラブ・ストーリーがあり、夫婦・カップルの愛情運がアップするといわれています。また、キーウィなど貴重な固有種の野鳥の自然保護区でもあるこの島は、島自体が大地から空へ向かって上昇するヴォルテックス(エネルギーの渦)で、スピリチャルなエネルギーの源泉とも言えるでしょう。

New Zealand
Experience the spectacular Emerald Lakes on a day hike through Tongariro National Park., New Zealand

Legend Photography

Experience the spectacular Emerald Lakes on a day hike through Tongariro National Park.

トンガリロ国立公園

巨大な大地のパワーと神聖なエネルギーを併せ持つトンガリロは、1894年にニュージーランド最初の国立公園に指定され、1990年には世界遺産として登録されました。トンガリロ国立公園は、標高2,797mのルアペフ山をはじめ、2,291mのナウルホエ山、そして1,968mのトンガリロ山の3つの巨大なエネルギーを持つ活火山を内包しています。このうち、トンガリロ山は、月面のようなクレーターやエメラルドグリーンの美しい湖に彩られ、NZ随一のトレッキングエリアとして知られています。また、先住民マオリにとって神聖な場所であり、トンガリロ山を聖なる山として信仰しています。

New Zealand
The Aurora Australis, or Southern Lights, can be seen during certain times above Lake Tekapo., New Zealand

Fraser Gunn

The Aurora Australis, or Southern Lights, can be seen during certain times above Lake Tekapo.

レイク・テカポ

ニュージーランド南島にある湖畔の街で、クライストチャーチから車で約3時間、ニュージーランド最高峰マウント・クックから車で約1時間半の距離にあるレイク・テカポ。2012年に国際ダーク・スカイ・リザーブのゴールド・ステータスを取得し、世界一美しい星空が見られるとの呼び声の高いエリアです。春にはピンク色や紫色のルピナスが咲き乱れる大自然のエネルギーを秘めたNZのパワースポット。息を飲む美しさのミルキーブルーの湖と湖畔に佇む小さな「善き羊飼いの教会」が織りなす風景はまるで絵本の世界のようです。

New Zealand is home to a number of spectacular power spots.