南カンタベリー地方の歴史とアドベンチャー

現在のページ

  • ホーム
  • 南カンタベリー地方の歴史とアドベンチャー

南カンタベリー地方(South Canterbury)を運転すれば、この地の自然と歴史を自分のペースで気ままに体験することができるでしょう。

  • この地には、ニュージーランドでも最も多く、マオリが岩に描いた壁画が残されています。オピヒ川(Opihi River)とオプハ川(Opuha River)の合流点近く、 レインクリフ(Raincliff)へと車を進めてください。
  • ティマル(Timaru)では、印象的な数々のビクトリア朝様式とエドワード朝様式の建築物が目に入るでしょう。
  • ランギタタ川(Rangitata River)のラフティングでは、難易度グレード5のスリリングな急流をゴムボートで下ります。
  • 荒々しい高原地帯を走る四輪駆動車のサファリ・ツアーに参加してみましょう。
  • ニュージーランドで唯一の商業営業している鍛冶職人を訪れてみましょう。
  • プレザント・ポイント・レイルウェイ(Pleasant Point Railway)には、世界で唯一フォード社製T型軌道車(Ford Model T Railcar)が現存します。また、鉄道を運営する会では、定期的に蒸気機関車を走らせています。
  • オピヒ(Opihi)へのドライブの道中では地元産の美味しいワインの試飲ができます。ワイナリーのカフェで昼食を楽しみましょう。
  • 自分のスタジオで創作活動をする地元芸術家を訪れてください。
  • ティマルのキャロライン湾(Caroline Bay)を巡るクルーズでは、野生動物の姿を目にすることができます。
  • 「ロード・オブ・ザ・リング」3部作でローハン(Rohan)の人々が住む砦エドラス(Edoras)が撮影されたロケ地を訪れるのもよいでしょう。
  • ジェラルディン(Geraldine)では、クラシックカー&機械博物館(Geraldine Vintage Car and Machinery Museum)を訪れてください。
  • ワイマテ遊歩道(Waimate Walkway)を歩いたり、自転車で走ってみましょう。1854年に造られた草ぶきの家屋、ザ・カディ(The Cuddy)を訪れるのもお勧めです。
フライト検索