北島と南島を含む旅程

クラシック・ニュージーランド・ワイン・トレイル

5 日間
504km
314Miles

ルート

ネーピアブレナム

ハイライト

  • ホークスベイのシラー
  • マーティンボロのピノ・ノワール
  • マールボロのソーヴィニヨン・ブラン

最適な季節

通年

良質なワインを好む人なら、迷わずこのクラシック・ニュージーランド・ワイン・トレイルを選ぶことでしょう。まずはホークスベイからスタートです。ワインはもちろん、併設のレストランの素晴らしさでも有名なワイナリーを訪ね、グルメ体験を満喫してください。ワイララパからマーティンボロへの道中では、マウント・ブルースの野生動物保護区に寄ってみましょう。マーティンボロでもやはり地元の一番の魅力はワインで、特にピノ・ノワール(赤ワイン)がおすすめです。フェリーで南島に渡る前に、ウエリントンでショッピングや文化的なアトラクションを楽しむとよいでしょう。フェリーが到着するピクトンの町は、クィーン・シャーロット・トラックの出発地点であり、そこから短い距離にあるブレナムは、マールボロ地方探検の足掛かりとして最適です。マールボロ地方にある優れたワイナリー探索の拠点でもあります。

さらに詳しい情報はwww.classicwinetrail.co.nzをご覧ください。

1日目

ネーピア - ヘイスティングス

23

22 km

14 Miles

ホークスベイ

ネーピア(Napier)は1931年に大地震にみまわれ、ほぼ壊滅状態になりました。町は当時の流行のスタイルで再建され、現在では「アールデコの首都」として世界的にも知られる都市になっています。この地域の歴史に触れるには、博物館内の地震展示場とナ・トゥケマタ(Nga Tukemata、東海岸のマオリの歴史を称えた展示場)を訪ねるとよいでしょう。ホークスベイ(Hawke's Bay)のワイナリーはいずれもネーピアから気軽に行ける距離にあります。キッドナッパーズ岬(Cape Kidnappers)にあるカツオドリの群生地もおすすめの見どころです。

ネーピアから南へ20km行くと、双子の都市と言われるヘイスティングス(Hastings)です。ネーピア同様、1931年の地震で崩壊した後、アールデコ様式やスペイン風スパニッシュ・ミッション様式の建築物がたくさん建てられました。数々の美しい公園やおいしいアイスクリームもヘイスティングスの魅力です。ニュージーランドでも代表的なリンゴと梨の生産地でもあるため、収穫期に訪れるのもまた格別です。

ネーピアには美しく保存された1930年代の建築物が多くあります。

ネーピア から始める

アールデコの町ネーピアでは1930年代の建築様式と、美味しいワインが楽しめます。ワイナリーやユニークな町並みを訪ね歩いてみましょう。

Hastings, Hawke's Bay, New Zealand

ヘイスティングス で終わる

ヘイスティングにはワインも食材も、美味しいものが揃っています。農産業の盛んなこの町でたっぷりビタミンを摂りましょう。

所要時間と距離を計算