北島のみの旅程

オークランド - ウエリントン(ロトルア経由)

5 日間
808km
503Miles

ルート

オークランド中心部ウエリントン中心部

ハイライト

  • ワイトモ・ケーブス
  • ロトルアの地熱活動
  • ウエリントンのグルメ

最適な季節

通年

北島の真ん中をまっすぐに南下するドライブ・ルートで、中央高原の火山地帯を体験しましょう。海と都会の魅力に満ちたオークランドですっかり旅行気分になったら、ハミルトンに向けて出発です。ハミルトンではガーデンや川の遊覧クルーズを楽しんでください。鍾乳洞の不思議な光景が地下に広がるワイトモ洞窟を訪ねた後、ロトルアに進み、素晴らしい地熱地帯とマオリ文化の色濃い見所の数々を訪ねましょう。レイク・タウポ周辺にも地熱活動の見所が多くあり、熱い温泉にゆったりと浸かることができます。湖畔に沿って走ると、トラウト・フィッシングのメッカとして有名なトゥランギに出ます。そこから火山台地を走り、農地を眺めながらパーマストン・ノースを目指します。ウエリントンに到着する前には、カピティ海岸に立ち寄りましょう。

1日目

オークランド - ハミルトン - ワイトモ・ケーブス

2 時間

27

200 km

124 Miles

オークランド

ニュージーランド最大の都市オークランドは、2つの大きな湾に挟まれた土地にあり、一帯には48もの死火山の丘が点在しています。洗練された都会の雰囲気だけでなく、海のアドベンチャーや森林遊歩道、ワイナリー巡りも楽しめます。

自動車専用道路を南へ進むにつれ、周囲の風景は次第に郊外の住宅地から牧場風景へと変っていきます。南オークランド(South Auckland)は、サラブレッドの飼育が盛んなことで知られる地域です。野菜畑の広がるボンベイ(Bombay)まで、快適な高速道路が続きます。

その先は、緑あふれる田園風景の中をワイカト川(Waikato River)に沿って進みます。道中の主な見どころは、ワインの産地であるテ・カウファタ(Te Kauwhata)と炭鉱の町ハントリー(Huntly)です。ハミルトン(Hamilton)の手前で脇道に入り、ワインガロ・ホット・スプリングス(Waingaro Hot Springs)や西海岸のサーフィンの名所、ラグラン(Raglan)へ行くこともできます。

ハミルトンは雄大なワイカト川が流れる美しい町です。数々のガーデンや博物館、巨大な鳥類飼育場など、様々な見どころがあります。町の目抜き通りの南端には素晴らしいレストランやカフェが集まっています。

南へ向かって走る間、ワイカト(Waikato)の豊かな農場風景が続きます。夏はテ・アワムトゥ(Te Awamutu)のバラ園に寄ってみてください。海岸の方へ回り道をして、カフィア(Kawhia)へ行くと、温泉が湧くビーチがあります。潮の低い間に砂浜を掘れば、即席の露天風呂ができあがります。ワイトモ(Waitomo)の手前の町、オトロハンガ(Otorohanga)には、キーウィ・ハウス(kiwi house)があり、ニュージーランドの国のシンボルとして知られる珍しい鳥を間近に見ることができます。

ワイトモ・ケーブス(Waitomo Caves)の地中の世界の素晴らしさは有名です。古い石灰岩地層の地表下は、いくつもの洞窟が複雑に入り組んで、迷宮のようになっています。鍾乳石や石筍、ツチボタルも加わった見事な空間の一部は一般にも公開されていて、徒歩で気軽に見学することができます。その他の洞窟を探検する場合は、ケービング専用の特別な装備が必要です。

オークランド中心部にはデザイナーのブティックがたくさんあり、家族揃ってショッピングが楽しめます。

オークランド中心部 から始める

活気あふれるオークランドの中心部では、思う存分ショッピングを楽しむのはもちろん、美味しい食事やアートを見て回る楽しみもあります。息を呑むような素晴らしい海の景観を眺められるのもオークランドならではです。

ワイトモのツチボタルの洞窟では天井がキラキラと神秘的に輝きます。

ワイトモ・ケーブス で終わる

ワイトモ地区の青々とした牧草地の下には洞窟や地底川といった石灰岩が造り出す地形が広がっています。ワイトモの地名はマオリ語で「ワイ」は水、「トモ」は穴を意味しています。

所要時間と距離を計算