四季折々の風景が美しいワイタキ地方には、潮風の吹き抜けるビーチ、神秘的な奇岩群、マオリの遺産などの見どころがあります。

ワイタキ地方を訪れるなら、モエラキ・ボールダーズは必見です。大きいもので重さ数トン、高さ最大2mにもなる巨大な球形の岩がいくつも転がっています。マオリの伝説によると、この奇岩群は、沖を航海中のカヌーから落ちて漂着したひょうたんだったと言われています。一方、科学的には、6500万年前に方解石から形成されたとされています。どちらの話を信じるにしても、美しく神秘的な風景は写真の被写体に最適です。

ユニークな特徴ある地質は付近の随所で見られます。映画『ナルニア国物語 ライオンと魔女』に登場したクレイ・クリフスやエレファント・ロックスもこの一帯のワイタキ・ホワイトストーン・ジオパーク(opens in new window)の一部です。他にも、近辺に点在する地質学的、歴史的、文化的に重要な場所でネットワークを構成し、グローバルなジオパークの先駆けとなることを目指しています。

ジオパークの範囲は広く、ワイタキ地方の変化に富んだ風景を織りなし、四季の変化に応じて明瞭なコントラストを見せてくれます。雪に覆われた南島の険しい山岳地帯から湖や水力発電用のダムが点在する高原、エメラルドのパッチワークのような緑の丘陵地帯を経て、平野部の渓谷、そして手付かずの海岸線と美しいビーチへと続いています。

潮風の吹き抜けるビーチは野生動物の宝庫です。イエロー・アイド・ペンギンやリトル・ブルー・ペンギン、様々な海鳥がいるほか、ニュージーランド・オットセイの大規模なコロニーもあります。

世界最小のペンギンを見るならオアマル・ブルー・ペンギン・コロニーがおすすめです。海で1日を過ごしたペンギンたちが浜に上がり、巣へ戻っていく様子を観察することができます。

plane フライト検索