オアマル

ワイタキ

ワイタキ

ハイライト

  • ペンギンのコロニー
  • ヴィクトリア時代の街並み保存地区

ロケーション

  • By car: ダニーデンから1.5時間
    クライストチャーチから3時間15分

現在のページ

オアマルに滞在してペンギンをじっくりと観察しましょう。日没の時間になると、ブルー・ペンギンとイエロー・アイド・ペンギンが陸上の巣で夜を過ごすために海岸をよたよたと歩く姿が見られます。

白い石づくりの町並みが印象的なオアマルには、ニュージーランドでも最も保存状態の良い歴史的建造物がいくつも現存しています。 19世紀後半、この町は金採掘、採石、製材で栄え、その富の一部は地元で産出される石灰岩を建材に用いた、優雅な建築物に費やさました。港からタイン・ストリート(Tyne Street)にかけての地域は特に見事で、ショッピングも楽しめる場所になっています。 オアマル湾にはリトル・ブルー・ペンギンの群生地があります。また、人間の姿が見えないように工夫された観察場所からイエロー・アイド・ペンギン(キガシラペンギン)を見ることもできます。ペンギンを観察するなら、日没直前の時間帯が最適です。 ビクトリアン・サマーハウス(Victorian summerhouse)やオリエンタル・ガーデン(Oriental garden)といった公共の庭園も非常に人気があります。


フライト検索