マオリ文化

現在のページ

マオリの伝統文化に触れることができるのも、ニュージーランドならではの楽しみです。

マオリはニュージーランドの「タンガタ・フェヌア」(先住民)です。1000年以上昔、ポリネシアにあるという伝説の地ハワイキからニュージーランドへやってきました。今日、マオリは全人口の約14%を占めています。彼らの言語と伝統は、ニュージーランド文化の根幹をなしています。ニュージーランドを旅行中に、きっとマオリ語を耳にする機会があるでしょう。ニュージーランド人なら誰もが知っている普段からよく使われる単語や文章もあります。滞在中にぜひいくつか覚えてください。まずは「キアオラ(ハロー)」から始めましょう。

この国の文化を肌で感じるにはハカや歌、踊りといったマオリ文化のパフォーマンスを見ることがおすすめです。マラエ(マオリの集会所)を訪れて伝統的な歓迎の儀式を受け、パフォーマンスのショーや地熱で調理したハンギ料理を楽しむツアーがロトルアを始め全国各地で催行されています。

彫刻、織物、タトゥーといったマオリのビジュアルアートも永く受け継がれてきています。全国の博物館や文化施設では貴重な装飾品や伝統的な武器を見ることができ、ニュージーランドの歴史を知るきっかけとなるでしょう。彫刻や織物の実演を見ると、昔ながらの技術が今も多く使われていることがわかります。また、現代的なマオリアートやファッション、映画、テレビ番組などと比べてみれば、今もマオリ文化が成長し発展し続けていることが実感できるに違いありません。

続きを読む閉じる
フライト検索