ギブストン・バレーのブドウ畑

現在のページ

ニュージーランドの中でも最も美しい環境に恵まれたワイン生産地の一つであるギブストン・バレーは景色だけでなく、芳醇なピノ・ノワールやチーズも楽しみの一つです。

「ブドウの谷」の別称でも親しまれるギブストン・バレー(Gibbston Valley)は、ニュージーランドの中でも最も美しい環境に恵まれたワイン生産地の一つです。 この谷のブドウ畑は、片岩の岩肌が荒々しく今にも崩れてきそうな山々と、岩だらけのカワラウ川峡谷の間に挟まれています。 標高の高いこの地域の気候は、寒い冬と乾燥した夏、そして一日の寒暖差が激しいのが特徴です。 このように厳しい気候環境が素晴らしいワイン生産につながり、この地で生産されたワインは世界中の高い評価を集め、国際的な賞を数え切れないほど受賞しています。 この地で生産されるブドウの70%はピノ・ノワールですが、その他にもシャルドネ、ピノ・グリ、リースリング、ソーヴィニヨン・ブランの各種ブドウも生産されています。 ワインに加え、ギブストン・バレーでは美味しいチーズが生産されています。ピクニックの際に、ウォッシュチーズや羊乳チーズの一品に加えれば、美味しいピノ・ノワール・ワインがすぐに数本空になることでしょう。 ギブストン・バレーの西端に位置するカワラウ橋(Kawarau Bridge)では、流れる水が眼下に渦巻くカワラウ川へ向けてジャンプするバンジージャンプを見学することができます。バンジージャンプは体験するのはもちろん、見るだけでもとても楽しいスポーツです。
フライト検索