星空

現在のページ

地球で最も素晴らしい星空観察ができる場所。南十字星や南天オーロラを、見つけに行こう。

New Zealand
Stargazing-stars-binoculars, New Zealand

Big Sky Stargazing

New Zealand
Dark Sky Rainbow Aurora Australis at the Hermitage, New Zealand

Aaron Campbell Photography

New Zealand
Aurora Australis and Milky Way, New Zealand

Arthur Steinhauser / Videocopter.nz

クライストチャーチ/カンタベリー
テカポ湖, クライストチャーチ/カンタベリー

Vaughan Brookfield

星空観測は一年を通じて楽しめるアクティビティです。ニュージーランドは一部の都市を除いて人工的な屋外照明がほとんどなく、世界でも天文観測が最もしやすい国のひとつとされています。特に南十字星(サザンクロス)やマゼラン星雲などは南半球でしか見られない天体。その他にもたくさんの星座や流れ星を目にするチャンスがあるかもしれません。

世界で最も「光害」のない暗い夜空

国内最高峰のアオラキ/マウント・クックを擁するマッケンジー地方の空は、「地球で最も素晴らしい星空観察ができる場所」と評価され、国際ダークスカイ協会(以下IDA)により、国際ダークスカイ・リザーブ(保護区)のゴールドステータスに認定されました。アオラキ・マッケンジー国際ダークスカイ・リザーブは、アオラキ/マウント・クック国立公園とマッケンジー地方を含む4300平方キロメートルを占めており、同様の保護区の中では最大となります。

星空を楽しむガイド付きツアー

ニュージーランドでは都市を離れればどこででも、満天の星を眺めることができます。ただし、南十字星や主要な星座をみつけるのはなかなか難しいもの。星座の位置はもちろん、星座にまつわる歴史その名前の由来、星座を構成する明るい恒星など、詳しい説明を聞きながら観測すれば、見上げる星空も特別なものになります。

マウント・クックの麓には、完全ドーム型デジタルプラネタリウムがあり、「今」の夜空を臨場感あふれる映像で見ることができます。このビッグスカイ星空観賞ツアーではプラネタリウムの後に倍率の高い双眼鏡や最新の望遠鏡を通して、サザンクロスをはじめ、星団や惑星が輝く実際の夜空を観察できます。

テカポ湖にあるマウント・ジョン天文台では、アース&スカイがデイツアーやナイトツアーを実施しています。ガイドの案内でマウント・ジョンの頂上に登ったり、1.8メートルの大型望遠鏡を覗いたり、今まで見たこともないような感動の星空に出会えます。

もう少し南へ下ったクィーンズタウンも星空観測にぴったりの場所です。スカイライン・スターゲイジング・ツアーでは、ゴンドラに乗り、より高いところから夜空を観察します。高精度の望遠鏡を覗いてみれば、手に取るように星座がわかります。

南天オーロラ

冬にニュージーランドを訪れるなら、サザン・ライツとも言われる南極上空にぼんやりと光る南天オーロラ(南極光)を見ることができるかもしれません。北極のオーロラとそっくりなこの自然現象は、南極点の磁場に吸い込まれるように運ばれる粒子と大気中の電子が衝突することによって発生すると言われています。この現象により、夜空いっぱいに紫、緑、青、黄色といった鮮やかな色のカーテンが静かに舞うように輝きます。南天オーロラが見られるのはテカポ湖ダニーデンクィーンズタウンスチュアート島といった南島南部です。7月もしくは8月の新月に近い冬、夜空が晴れると見られるチャンスが多くなります。

ニュージーランドの天文台

北島で星空観察をするなら、ワインの産地として知られるワイララパオークランドからアクセスしやすいコロマンデル半島がおすすめです。ウエリントンではケーブルカーに乗って、頂上駅にあるカーター天文台を訪れてみましょう。ニュージーランドの夜空を飾る星座や銀河、恒星について新しい発見があるかもしれません。オークランドのワン・ツリー・ヒルの高台にあるスタードーム天文台では、プラネタリウムを使ったさまざまなショーを開催しています。宇宙の誕生やスーパームーン、世界の七不思議から宇宙飛行士まで、興味深いテーマを扱っています。ディスプレイ・エリアには、月や火星の隕石、NASAの宇宙服のレプリカなどが展示されています。

続きを読む閉じる
フライト検索

こんなコースもあります

自然と野生動物 →

国立公園 →