別世界のような風景の中、漆黒の澄んだ夜空とユニークな天体の数々を見上げ、夢のような時間を過ごしませんか。

望遠鏡でマウント・クックの夜空を眺める, ニュージーランド

ニュージーランドには世界でも特にアクセスしやすい天文台が複数あり、人工的な光に妨害されることなく、漆黒の夜空にきらめく星座や流れ星を見つめることができます。きっと、この地球上で天に最も近い場所に立ったような気分になるでしょう。

世界でも最高の夜空

南島に4300平米に及ぶ世界最大規模の国際ダークスカイ・リザーブが設定されたのは比較的最近のことです。アオラキ/マウント・クックとマッケンジー地方の大半を占める地域の夜空が、世界でもトップクラスの星空観察スポットとして守られています。

星空観察のツアーは、ビッグスカイがマウント・クックの麓で、アース&スカイがレイク・テカポのマウント・ジョン天文台で催行しています。豊富な知識を有する熱心な現地ガイドが、専門の望遠鏡を使って宇宙の星や銀河、星群、惑星などを紹介します。参加すればきっと忘れられない体験となるでしょう。

さらに少し南のクィーンズタウンでも美しい星空の観察を楽しめます。ゴンドラでアクセスできる丘の上で、スカイライン・スターゲイジングが望遠鏡のレンズを通して星座を観察する機会を提供しています。

星空保護区

ニュージーランドのグレート・バリア島は2017年に島として世界で初めてダークスカイ・サンクチュアリーに選ばれました。グッド・ヘヴンズ・ダークスカイ・エクスペリエンスの星空観察パッケージに参加してみましょう。お食事と組み合わせたオプションもあり、個人旅行者にもグループにも対応しています。

一方、最近ではスチュアート島 / ラキウラが5つめのダークスカイ・サンクチュアリーとなりました。島としては世界で2番目で、澄んだ空はもちろん、スチュアート島 / ラキウラの地域社会も含めた価値ある環境全般が保護の対象となっています。

南天のオーロラ

冬の間なら、南天の夜空に輝く光のシンフォニーが見られるかもしれません。北極圏と同様、南極に近い地域にも現れるオーロラは、大気中の原子とエネルギーを有するプラズマの衝突がもたらす発光現象です。紫や緑、黄色、青など、色とりどりの光の帯が夜空に踊る様子は見応えがあります。オーロラが見られるのはテカポ湖、ダニーデン、クィーンズタウン、スチュアート島といった南島南部で、7月もしくは8月の新月に近い時期で、雲のない夜が狙い目です。

ニュージーランドで天体に親しむ

北島で星空を眺める場合は、ワイララパかコロマンデル地方がよいでしょう。ウエリントンではケーブル・カーに乗ってカーター天文台へ行ってみましょう。街を見下ろす高台に位置し、ニュージーランドの南の空にまつわるストーリーやその重要性を知ることができます。カーター天文台はニュージーランドの国立天文台で、インタラクティブな体験ができると評判です。オークランドの天文台、スタードームでは、子供向けの特別なショーやプラネタリムのドーム型天井を使ったショー、宇宙をテーマにした展示を提供しています。

plane フライト検索

関連情報