世界最速のインディアンの撮影ロケーション

現在のページ

撮影クルーはユタ州のボンネビル・ソルトフラッツで何週間か撮影を行った後、2004 年にニュージーランドへ移動、 11 週間にわたって残りの部分を撮影しました。

撮影の拠点となったサウスランド地方の中心都市、インバーカーギルでは撮影クルーをもてなし、サポートしました。地元紙、サウスランド・タイムスではアンソニー・ホプキンスと一緒に映る群衆や背景に登場する「21才以上」のエキストラを募集しました。

New Zealand
Sunset on Oreti Beach, New Zealand

Destination Southland

Horses making the most of Oreti Beach

ニュージーランドの主要撮影地となったのは、彼がビーチでレースをするシーンに使われた美しいオレティ・ビーチでした。郵便局がある通りはザ・クレセントと呼ばれるセットが用意され、撮影専用に1960 年代の電話ボックスやパーキングメーターが置かれました。 

バート・マンローの道具小屋から持ち出された道具類の多くが地元の金物店で展示されています。インバーカーギルを訪れるなら、寄ってみましょう。撮影の間、アンソニー・ホプキンスは信ぴょう性を高めるために、これらの道具を借りました。

おすすめの関連情報

ホビット3部作 撮影ロケーション →