ダニーデンは南半球の中でもエドワード朝様式やビクトリア朝様式の建物が最もよく保存されている町のひとつ。ゴシック建築や歴史的な見どころが満載です。

ダニーデンは中心部の至るところに歴史的建造物があります。オクタゴンから数ブロック内の範囲だけでも、市役所、セント・ポール大聖堂、ファースト教会、ダニーデン裁判所、ダニーデン鉄道駅など、重要な建築物がいっぱいです。

ダニーデン植物園のエドワード朝時代のウィンター・ガーデン、ダニーデン南部のガスワークス博物館などにも足をのばしてみましょう。

1871年に建てられたラーナック城は必ず訪れたい見どころです。オタゴ半島の高台に位置し、港と市街地の景色を見渡すことができます。美しく復元された城と広大な庭園の様子はいつまでも心に残ることでしょう。屋内の雰囲気を楽しみながらホールを散策し、ボールルームでハイティーをたしなみ、曲がりくねった階段を上って小塔の上に出るとオタゴ半島の360度の展望が開けます。

市内の丘の上にたたずむオルヴェストン邸は、1900年代初期のダニーデンのタイムカプセルのような歴史的建造物です。エドワード朝様式の立派な邸宅には35もの部屋があり、世界中の宝物や工芸品がたくさん収蔵されていて、裕福な商人の一家とその生活を支える給仕たちの興味深い日常を垣間見ることができます。

スぺイツ・ブルワリーはニュージーランドでもいち早く設立されたビールの醸造所です。現在も同じ場所にあり、見学ツアーとテイスティングが評判です。醸造所の壁に設置された蛇口で新鮮な湧水を飲んでみたり、1876年建造のスペイツ・エール・ハウスで心のこもった食事を楽しんだりできます。

街の歴史に迫る体験には、シティウォークのガイド付きツアーがおすすめです。

plane フライト検索