雪山を安全に楽しむための注意事項

現在のページ

ニュージーランドの山々で思い出に残る体験をするなら、次に挙げる安全のための注意事項を確認しましょう。

積雪レポート

山々の気象条件は急に変化するので、毎日積雪レポートを確認することが重要です。これらのレポートは終日更新しており、積雪や天候、道路状況、タイヤチェーンの要・不要、境界や閉鎖の情報を発信しています。どのリフトと施設がオープンしているのか、といったスキー情報やその他重要な情報を更新しています。

今日の積雪レポートをチェック(英語) >

滑走スロープで守るべきルール

  • 人や物に衝突しないよう、避けたり止まったり常に動作をコントロールできる状態にしておきましょう。
  • 自分より下にいる人が優先です。スロープに入る前は自分より上を確認しましょう。
  • 上からあなたの位置が見えるところで止まり、滑走コースを邪魔しないようにしましょう。
  • スキー場のサインにはすべて従ってください。
  • 下る前や滑走コースに合流する前には、常に上を見てチェックしてください。ジャンプする先の着地地点が見えない場合は、最初に実際見て確認するか、スポッター(ぶつかって事故を起こさないように監視する役割)を誰かにお願いしましょう。.
  • 高速で追い越す場合は、低速で滑るスキーヤーやボーダーとの間に広いスペースを空けましょう。
  • 山を上るときはスキーやスノーボードなど落ちないようにしっかり固定してください。
  • もし事故に巻き込まれたり、事故を目撃した場合は、その場に残り、スキーパトロールに名乗ってください。
  • ゲレンデでもテレインパークでも、周囲の人々を尊重し、リフト待ちの列でも忍耐強く待ちましょう。

リフト

異なるレベルに対応できるようリフトはさまざまなコースにアクセスしています。リフトパスがレベルに合った滑走コースへアクセスできるものなのか確認してください。リフトが速すぎる場合は、リフトのオペレーターに躊躇せず速度を下げてもらえるか聞きましょう。安全バーも必ず下ろしてください。

立ち入り禁止区域

リフトが止まり、滑走エリアが閉まっている禁止区域に注意してください。.

スローゾーン/初心者エリア

スローゾーンは初心者や子供が安全にスキーを学べるエリアです。目立つ看板で表示されています。このエリアでは常にゆっくり滑るようにしてください。

ナイタースキー

いくつかのスキー場では、ナイターの設備があります。ナイターではすべての標識に従い、ライトの届くエリアで滑ることが大切です。夜はスピードを判断する能力が落ちるので、思っているよりもスピードが出ていることがあります。必ずスピードを意識して、コントロールできるようにしましょう。

フライト検索