ウエリントンの見どころとアクティビティ

ニュージーランドの首都、ウエリントンは洗練された大人の街。コンパクトにまとまった市中心部にはアトラクションやアクティビティが満載です。そして都会から一歩外に出れば、そこには大自然が広がっています。

ウエリントン
ケーブルカー, ウエリントン

Ian Trafford

ウエリントン
ホートン・ベイ, ウエリントン

Rob Suisted

ウエリントン
オリエンタル・ベイ, ウエリントン

Rob Suisted

ウエリントン
ウエリントンの夜景, ウエリントン

Ian Trafford

ウエリントン
カピティ島, ウエリントン

Ian Trafford

ウエリントン
Museum of Te Papa Tongawera, ウエリントン

Positively Wellington Tourism

市中心部を探索

  • ウエリントンのツアー会社が催行するツアーに参加して、映画『ロード・オブ・ザ・リング』ロケ地を巡ってみましょう。
     
  • ウエリントンのダウンタウンには買い物や食事が楽しめるさまざまなお店が集まっています。4つの地区に分けられており、徒歩で楽に移動することができます。
     
  • 中心部から徒歩やバスでマウント・ヴィクトリア(ヴィクトリア山)の頂上を目指してみましょう。ウエリントンの街を一望する360度のパノラマ風景が広がっています。
     
  • ウォーターフロントではローラースケートをレンタルして、あるいは自転車タクシーに乗って、 オリエンタル・ベイまで行ってみましょう。

芸術と文化

  • ウォーターフロントに立つテ・パパはニュージーランドの国立博物館です。ニュージーランドの過去や現在をユニークな視点から知ることができます。ほとんどの展示会場は入場無料です。
     
  • 演劇や舞台が盛んなウエリントンでは、毎晩何らかのショーやコンサートが行われています。
     
  •  ウエリントン街と海の博物館(英語のみ)ではエンターテイメントの要素を取り入れた相互体験型の展示方法でウエリントンを紹介しています。入場は無料です。
     
  • • 市内全域に小ぢんまりとしたアートギャラリーが点在しています。ひとつひとつ巡りながら、芸術作品に出会うのも楽しいものです。
     
  •  美しいウォーターフロントは、のんびりと歩くのに最高の場所です。詩や小説の抜粋が描かれているウエリントン・ライターズ・ウォークは、この街の名所のひとつです。

歴史

  • ダウンタウンから歴史あるケーブルカー(英語のみ)に乗って山頂の植物園まで行きましょう。街と港の素晴らしい眺めが楽しめます。
     
  • 国会議事堂で催行されているツアーではニュージーランドの政治に関する歴史を紹介しています。向かいの旧政府館もぜひ訪れてみてください。
     
  • ニュージーランドで最も歴史の古いソーンドン地区には、現在も営業を続けているホテルとしては国内最古、パブとしては2番目に古いペイツ・エール・ハウスがあります。
     
  • ニュージーランド出身の有名作家、キャサリン・マンスフィールドの生家を訪れてみましょう。作品の中に描かれているとおりに美しく修復されています。
     
  • オールド・セント・ポール聖堂は、ニュージーランド原産の木材を使って建てられた、ゴシック調の見事な大聖堂です。

近郊に広がる大自然

ウエリントン周辺には美しい自然環境が広がっています。実際に足を延ばしてみれば、その近さだけでなく、多様な体験ができることに驚くに違いありません。

  • ウエリントン近郊にあるジーランディア-カロリ・サンクチュアリ・エクスペリエンスではキーウィをはじめとするニュージーランド固有の希少な動物たちの姿を観察できます。
     
  •  国内で最も歴史のある動物園、ウエリントン動物園で動物たちの愛嬌ある仕草を楽しんでください。
     
  • ハーバークルーズに参加して対岸のデイズ・ベイを訪れてみましょう。海沿いのカフェに立ち寄ったり、上質な工芸品を揃えるお店を覗いたりすれば、素敵な時間が過ごせるはずです。
     
  • ウエリントン湾の中央に浮かぶ マティウ/サムス島は興味深い歴史と環境保護プロジェクトが見どころ。フェリーで訪れることができます。
     
  • シーカヤックをレンタルして、絵のように美しい海岸線が続くウエリントン湾を巡ってみましょう。
     
  • 南海岸を訪れる4WDツアー(英語のみ)に参加するとニュージーランド・オットセイの群生地を見ることができます。
     
  • マカラ・ピーク(英語のみ)の原生林の中には国内でも有名なマウンテンバイク・コースが整備されています。
     
  • 国内で唯一、ニュージーランド固有の植物のみを集めた植物園、オタリ・ウィルトンズ・ブッシュ(英語のみ)でウォーキングを楽しむのもおすすめです。
フライト検索