ホワイト島(ファカアリ)

現在のページ

活火山の島ホワイト島にはベイ・オブ・プレンティ地方のどの町からもアクセスできます。ツアーに参加すれば、素晴らしい体験ができます。

ホワイト島(ファカアリ)は典型的な活火山の島です。最高で800度になる高温の有毒ガスが不気味な音をたてて噴気孔からふき出す様子は、島が呼吸しているかのようです。ファカタネ沖にあるこの島は1826年以降に35回、小〜中規模の噴火を繰り返しています。島のマオリ名「テ・プイア・オ・ファカアリ」は、ドラマチックな火山という意味です。 

直径約2kmの円に近い形をした島は最も高い場所で標高321mあります。しかしながら、人の目に見える部分は巨大な海中火山の頂上だけです。巨大なクレーターに阻まれて海水は入ってきませんが、最も大きな噴気孔は海面よりも低い位置にあります。 

ニュージーランドの火山の活動レベルは5段階で識別されていますが、島はたいてい警戒度1〜2の状態にあります。2000年の3月、中心の火口部に 小さめの噴気孔が3つ出現した時は、細かい火山灰が噴き上げられて島全体を覆いました。その後同年にあった別の噴火では、泥とスコリアが島を包み、新しい 火口ができました。通常、島の火山活動は噴気孔から蒸気が上がったり泥が沸いたりしている程度です。 

ホワイト島は私有地ですが、景観保護 区にもなっています。ボートかヘリコプターでアクセスするツアーは、ファカタネロトルアタウランガから発着しています。ガイドが用意しているヘルメッ トとガスマスクを着用し、徒歩で巨大なクレーターに近づいて、貴重な体験をすることができます。 

硫黄の採掘跡地も島の見どころのひとつで、何度か鉱業を試みた過去をうかがい知ることができます。1914年に発生した泥流で、ピョートル大帝と呼ばれていた猫1匹だけが生き残り、労働者は全員亡くなってしまいました。それ以来、採掘は放棄されています。

続きを読む閉じる
ベイ・オブ・プレンティ
White Island, ベイ・オブ・プレンティ

Tourism New Zealand

ベイ・オブ・プレンティ
Heli to White Island, ベイ・オブ・プレンティ

Chris Sisarich

ベイ・オブ・プレンティ
ホワイト島, ベイ・オブ・プレンティ

Christopher Chan

New Zealand
frontier-helicopters-shoot_2-1516.jpg, New Zealand

Frontier Helicopters