アオラキ/マウント・クック国立公園

現在のページ

アオラキ/マウント・クック国立公園は、空に届きそうな高い山々をはじめ、数々の氷河や万年雪など、さわやかなアルプスの魅力を満喫できるところです。

マオリ語でアオラキ(Aoraki)と呼ばれるマウント・クックはニュージーランドの最高峰で、エドモンド・ヒラリー卿が人類初のエベレスト山登頂を成し遂げる前に登山技術を磨いた山です。ニュージーランドの最高峰と最大の氷河南島のマオリの部族、ナイ・タフ族に伝わる昔話によると、アオラキは空の神ラキヌイの息子で彼には3人の兄弟がいました。アオラキと兄弟たちが海を渡っていたところ、カヌーが礁に乗り上げ、転覆してしまいました。カヌーの上によじ上った彼らに凍りつくような南風が吹きつけ、彼らを石に変えてしまいました。そのカヌーが南島となり、アオラキとその兄弟はサザンアルプスの山々となりました。その昔話から、南島はマオリ語で「テ・ワカ・オ・アオラキ(Te Waka O Aoraki:アオラキのカヌー)」と呼ばれ、最も高い山マウント・クックは「アオラキ」と呼ばれているということです。

主な見どころ

アオラキ/マウント・クック国立公園は、23を数える3000m級の山々がそびえ立っているにも関わらず、アクセスは大変便利なところです。国道80号線を進んでいくと、プカキ湖のほとりにアオラキ/マウント・クック村があり、高山地帯で楽しむ各種アクティビティの拠点として快適な宿泊場所を提供しています。

登山家の間では、オセアニア地域で一番の登山地域といわれるアオラキ/マウントクック国立公園ですが、ベテラン登山家でなければ登れないような険しい道ばかりではありません。湖の数々はもちろん、ハーブや高山植物の咲く草原、目を見張るような氷河の眺めなどが気軽に楽しめる登山道も整備されています。いたずら好きのケア(山岳部に生息するオウム)と出会うのもまた楽しみのひとつです。

タスマン氷河は全長27kmの巨大な「動く大地」です。少しずつ谷間の岩肌を削り取りながらゆっくりと動いています。ここを滑走路として、スキープレーン(スキーのついた小型飛行機)やヘリコプターなどが離着陸することもできます。公園を美しく彩る湖には、氷河が岩肌から削り取った成分が水底に沈殿しているため、独特のミルキーブルーの色をしています。

宿泊施設

国立公園内の宿泊

アオラキ/マウント・クック国立公園内には、環境保全省の提供するハット(山小屋)が17ヶ所あります。ただし、これらは登山客の宿泊施設として提供されているもので、登山技術がないと到達できない場所に位置しています。一方、アオラキ/マウント・クック村にはバックパッカー用ロッジキャンプ場から高級ホテルまで幅広い宿泊施設が用意されています。ハミテージ・ホテルはバーでくつろぎながらアオラキ/マウント・クックを見ることのできるホテルとして有名です。

国立公園周辺

最寄の町はトワイゼルかテカポ湖畔にあるレイク・テカポです。いずれの町にも様々なレストラン、カフェ、宿泊施設があります。

主なアクティビティ

山歩き

マウント・クック村の近くから始まる短い遊歩道は10コースあります。これらの道は整備され、標識もきちんと立てられているので安心して歩くことができます。「レッド・ターン・トラック」、「ケア・ポイント・トラック」、「フッカー谷トラック」などはそれぞれ往復2時間のコースです。山歩きの経験者向けには、「ミューラー・パス」、「コプランド・パス」、「ボール・パス」 などの峠を越える道が3コースあります。

氷河眺望とスキー

ヘリコプターやスキープレーンを利用すれば公園内の美しい氷河の上に降り立つこともできます。氷河スキーを楽しむなら、中級スキーヤーにはタスマン氷河がおすすめです。マーチソン氷河、ダーウィン氷河、ボニー氷河は上級スキーヤーにとってもチャレンジしがいのあるコースです。自然が造り出した氷の彫刻や洞窟の上に降り立った瞬間から、きっと忘れられない思い出となることでしょう。10月から5月の春から夏にかけての季節には、タスマン氷河の湖をボートで渡ることもできます。

登山

アオラキ/マウント・クック登山は究極の挑戦ですが、その他にもたくさんの山がベテラン登山家を待っています。タスマン山、マルト・ブラン山、エリー・ド・ビーモント山、セフトン山、そしてラ・ペローズ山などが地元の登山家には人気です。

公園を楽しむヒント

  • 登山をする場合、許可の申請は不要ですが、環境保全省のビジターセンターで入山計画書(トリップ・インテンション・フォーム、Trip Intentions Form)を記入してください。
  • 登山、ウォーキングや氷河スキーは地元の専門ガイドが案内できます。
  • 冬の登山は危険が伴なう究極のスポーツです。万全な準備を整えた経験のある登山家にのみおすすめします。
  • 天候は突然変わることがあります。激しい雨や雪、強風に備えるようにしましょう。
  • 公園内には国内線や遊覧飛行に使用できる空港があります。
フライト検索