キング・コングについて

2005年版キング・コングは、第一作1933年版のリメイクであり、同名映画1976年版のリメイクでもあります。

ピーター・ジャクソン監督のリメイク版では、ジャック・ブラック演じる登場人物、カール・デナム映画監督が撮影クルーを引き連れて、ニューヨークから不吉なスカル島へ新しい映画の撮影に向かう、という設定となっています。同行するのは、ナオミ・ワッツ演じる女優アン・ダロウ、エイドリアン・ブロディ演じる脚本家ジャック・ドリスコル。しかし、スカル島でアンはコングに連れ去られてしまいます。撮影クルーがアンの捜索中に見たものは、絶滅したはずの恐竜や、独自の進化を遂げた巨大な昆虫たちでした。その一方でアンは捕らえているコングとの絆を深めていたのでした。

製作 ウィングナット・フィルムズ

『キング・コング』以上に私の想像力をかきたてた映画は他にありません。9才の時、同作を見て映画製作を志したのですから

ピーター・ジャクソン監督 映画監督

おすすめの関連情報

世界最速のインディアン →

中つ国の舞台 - Home of Middle‑earth →