環境保全省のキャンプ場

ニュージーランドの多くの保護区には環境保全省(DOC)が管理するキャンプ場があります。

サウスランド
Purakaunui campsite, The Catlins, サウスランド

DOC

コロマンデル
Port Jackson campsite, コロマンデル

DOC

ネルソン
バーク・ベイのキャンプ場, ネルソン

Department of Conservation

ノースランド
プリリ・ベイのキャンプ場, ノースランド

Brandon Koger

ネルソン
アンカレッジのキャンプ場, ネルソン

Department of Conservation

ウエストコースト
DOC campground by Lake Mahinapua, ウエストコースト

Bennett & Slater

多くの場合、これらのキャンプ場は国立公園内やグレート・ウォーク沿い、人里離れた静かな場所など国内でも特に素晴らしいロケーションにあります。たいていは非常にベーシックな設備があるのみですが、自然に帰るスタイルの滞在が安価で楽しめます。

環境保全省

地方別のキャンプ場リストはDOC のウェブサイトに掲載されています。

DOCのキャンプ場は次の6つのカテゴリーに分かれています。

 

サービスド・キャンプサイト(Serviced campsites) – 水洗トイレ、キッチン/調理設備、お湯の出るシャワー、ゴミ捨て場など幅広い設備が整っています。これらのキャンプ場は、DOCビジター・センターで予約できます。

シーニック・キャンプサイト(Scenic campsites) – 通常は利用者の多い海岸沿いのロケーションにあり、トイレ、水道が備わっています。バーベキュー台、冷たいシャワー、ゴミ捨て場がある場合も多いでしょう。  これらのキャンプ場の中には事前予約が可能なところがあります。

スタンダード・キャンプサイト(Standard campsites) – コンポストトイレ、給水設備といった限られた設備があります。冷たいシャワー、バーベキュー台、ゴミ捨て場がある場合もあります。これらのキャンプ場は一般的に予約不可です。

ベーシック・キャンプサイト(Basic campsites) – 簡易トイレがあるのみで、水はタンクに貯められた雨水もしくは湖や川の水を使います。必要なものは全て持参する必要があります。これらのキャンプ場は一般的に予約不可です。

バックカントリー・キャンプサイト(Backcountry campsites) – 通常はトイレがあり、小川の水が使用できます。ベーシックな調理設備とピクニックテーブルがある場合もあります。これらのキャンプ場は一般的に予約不可です。

グレート・ウォーク・キャンプサイト(Great Walk campsites) – ミルフォード・トラックを除く全てのグレート・ウォーク沿いに60ヶ所のキャンプ場があります。トイレと給水設備などベーシックな設備が備わっています。通常は予約が必要です。オンラインで予約が可能です。 

使用料、予約方法、カテゴリー、付帯設備といった詳細に関しては、DOCビジター・センターに問い合わせるかDOCのウェブサイトを参照してください。こちらのページでパンフレットもダウンロードできます。

続きを読む閉じる
Find & book campervans

こんなコースもあります

フリーダムキャンピングとマナー →

ハイキング →

楽しむ →