フリーダムキャンピング

現在のページ

フリーダムキャンピングとは公共の場所でテントを張ったりキャンピングカーを停めたりしてキャンプをすることです。利用できる設備は全くないか最小限に留まるのが一般的です。

ニュージーランドでは人気の旅行方法ですが、無料もしくは安価である反面、責任ある行動が求められます。
多くの旅行者がピュアでクリーンな環境を求めてニュージーランドにやってきます。フリーダムキャンピングではこれ以上ないピュアな風景と環境が体験できますが、各自がキャンプする地域に敬意を払い、土地への影響を最小限に留めるようにしてこそ実現することです。

「持ち帰っていいのは思い出だけ。残していいのは足跡だけ」というチーフ・シアトルの有名な言葉に従ってフリーダムキャンピングを楽しんでください。

フリーダムキャンピングの基本

私有地でのキャンプは禁止、たいていの場合は自分でトイレや汚水処理の装備や水を用意しなければならないというのが基本ルールです。ゴミや排せつ物を残していくことはいかなる場所でも許されません。キャンプが禁止されている場所でキャンプしたり、排せつ物を不法投棄したりすると多額の罰金を科されることにもなります。

身の安全についても考慮しなければなりません。ニュージーランドは世界的にみても比較的安全な国ですが、ひと気のない場所でキャンプをするときは周囲に十分注意を払ってください。天候を常にチェックし、予期せぬ事態に備えて必要なものは十二分にストックしておきましょう。できれば旅行日程などの詳細を誰かに連絡しておくことをおすすめします。

フリーダムキャンピングが可能な場所

ニュージーランド国内にはフリーダムキャンピングができる場所が500ヶ所以上あります。フリーダムキャンピングやキャンピングカーの駐車に関する規則や規制は地区によって異なります。

どこでキャンプができるかはその地区に詳しい人に尋ねるのが一番です。地元の人に尋ねたりビジター・インフォメーション・センターホリデーパークに問い合わせたりしてみましょう。以下のリンク先の情報も活用してください。

環境に及ぼす影響や安全上の懸念から、ニュージーランド政府観光局ではこのタイプのキャンプを積極的に推奨はしていません。キャンプ旅行を考える場合はまずホリデーパークのリストを調べてみてください。キャンピングカーのトイレの汚水処理はダンプステーションでのみ許可されています。ダンプステーションは通常ホリデーパークに設置されています。

フライト検索