ナゲット・ポイントと灯台

海原と空が出会う絶景の岬では何種類もの野生生物に出会えます。

ナゲット・ポイントはワイルドな海岸線が続くカトリンズ・コーストにある見所の一つ、パノラマの景色が広がる断崖の岬です。その昔、断崖と点在する岩の小島が金塊のように見えることからキャプテン・クックがナゲット(金塊の意)と名付けました。先端には国内最古といわれる灯台があります。

トカタ灯台までは歩いてすぐ、途中はるか遠くまで素晴らしい海岸線の絶景が楽しめます。灯台から足元を見下ろせば、波間で戯れるニュージーランド・オットセイが見えます。双眼鏡を用意しておくと、オットセイの群生地をよく観察できます。世界で最も希少なペンギンをはじめ、オットセイ、アシカやゾウアザラシなどもこのエリアに生息しています。また、ハイイロミズナギドリ、ヘラサギ、カツオドリの繁殖地もあります。目を凝らして海面を見渡せば、ヘクターズ・ドルフィン(セッパリイルカ)が見られるかも知れません。気軽に歩いて行けるロアリング・ベイでは、海辺にそっと身をひそめていると、イエロー・アイド・ペンギンを見学することができるでしょう。ペンギンを見るなら海に出入りする日の出または日没時がベストです。

美しい手つかずの大自然とそこに生息する野生生物を見学するなら、ナゲット・ポイントの他にもプラカウヌイ滝やキュリオ・ベイなどの景勝地があるカトリンズを含むモデルコースを行くのがおすすめです。

旅のアイデア

クルーサ →

セントラル・オタゴ →

サウスランド →