カトリンズ・コースタル・ヘリテージ・トレイル

現在のページ

カトリンズ・コースタル・ヘリテージ・トレイルでは、辺境の海岸や歴史的な名所を訪ねるばかりでなく、化石の森を観察したり、ヘクターズ・ドルフィンを見たりすることができます。

カトリンズ・コースタル・ヘリテージ・トレイルは、ダニーデンとテ・アナウ間を結ぶサザン・シーニック・ルートから外れて海岸沿いに伸びているドライブ・ルートです。 一連の遊歩道と興味深い見所を結ぶルートで、車で無理なく回ることができます。遊歩道を全て歩き、トレイル全体の見所を訪れるには約5時間を要します。 トレイルを南下する場合、ナイアガラ滝(Naiagara Falls)が出発点となります。 ナイアガラ滝は落差のない小さな滝ですが、ウィットに富んだ測量士がひとひねりして名付けたものです。次のポイントは、その昔馬にえさを与えるために使っていたというコンクリート製の飼葉おけです。 ワイカワ(Waikawa)には博物館があり、周辺の地域に関する写真や思い出の品々が展示されています。博物館の向かいに佇むのは、旧セント・メアリーズ・アングリカン教会です。また近くの埠頭では、かつての馬車道を海沿いに歩く20分ほどのウォーキングが楽しめます。 次の見所となるポーポイス・ベイ(Porpoise Bay)は、珍しいヘクターズ・ドルフィン(セッパリイルカ)が生息することで知られています。隣のキュリオ・ベイ(Curio Bay)は、引き潮になると海岸に化石の森が現れることで世界的にも有名です。 トレイルはその後、ピクニックやウォーキングが楽しめるワイポハトゥの森林地帯を抜けて、南島最南端のスロープ・ポイント(Slope Point)へ進みます。 スロープ・ポイントから再びトレイルに戻り、次はタラルア・エーカー(Tararua Acre)へ向かいます。 タラルア・エーカーは、1881年4月24日、海難事故で座礁したSSタラルア号に乗っていた犠牲者のための霊園で、幹線道路から300mほどの所に位置しています。 トレイル最後の名所はフォートローズ(Fortrose)です。フォートローズには、鍛冶屋の跡地やこの地で最も歴史の深い墓地である、フォートローズ・セメタリー(Fortrose cemetery)があります。
フライト検索