スチュアート島

現在のページ

スチュアート島では鬱蒼と木々の茂る森から高山植物が風にさらされている荒野まで、あらゆる自然環境とそこに住む野生生物のありのままの姿が見られます。

スチュアート島はマオリ語でラキウラ(Rakiura)とも呼ばれています。ラキウラは「空が赤く燃える場所」の意味で、これはおそらく南の空でよく見られるオーロラの大気現象に由来するものと考えられています。 国立公園が島の約85%を占め、人が住んでいる集落はハーフムーン・ベイ(オーバンとも呼ばれる)のみですが、町には様々な宿泊施設があります。 スチュアート島を訪れる旅行者はたいてい、ハイキングやトレッキングを楽しみにしています。島内には整備が行き届いたトラックがあり、宿泊にはDOC(環境保全省)の管理するハット(山小屋)を利用することもできます。 沖合には、ウルヴァ島(Ulva Island)があり、害獣が全くいない鳥類保護区になっています。ウルヴァ島には、水上タクシーで行くことができます。
フライト検索