フォックストン

現在のページ

フォックストンにはフラックス(亜麻繊維)産業からトロリーバス、映画音楽、オランダ風車、手作り人形まで、多彩な博物館があります。

フォックストンの河川港はかつて、マナワツ地方のフラックス(亜麻の一種)を用いた繊維産業において重要な役割を果たしていました。 19世紀後半にはフォックストンから半径16km以内に50ヶ所以上の繊維工場がありました。その歴史は町のフラックス工場博物館(Flax Stripper Museum)で見ることができます。 デ・モーレン・ウィンドミル(De Molen Windmill)では、17世紀にオランダで製粉に使われていた風車が忠実に再現されています。 その他、国内唯一のトラム馬車、現在も稼動している歴史ある印刷所、開拓時代の様子を伝える博物館などの見所もあります。 町の近くを流れるマナワツ川の河口域や湿原はラムサール条約に基づいて登録された保護区で、鳥類の研究では世界的にも重要な場所になり、ヘラサギの姿が見られることもあります。フォックストン・ビーチでは、水泳やサーフィン、フィッシングなどが楽しめます。


フライト検索