マナワツの見どころとアクティビティ

現在のページ

マナワツは一般的な観光地ではないものの、美しい風景とドライブにぴったりの道、野生動物、歴史と文化など、見どころの多い地域です。

パーマストン・ノースをはじめとする地方都市の中心街ではWi-Fiが無料で利用できます。また、観光に便利なアプリも提供されています(iTunesで Palmerston North を検索してください)。

マナワツ地方の主な楽しみ方は以下のとおりです。

田舎道をドライブ

通常の幹線道路を外れて、交通渋滞と無縁のカントリー・ロードを走ってみましょう。素晴らしい風景が楽しめます。単なる迂回路ではない、ドライブを満喫するためのルートがいくつか設定されています。地図を手に入れて、眺めのよい場所で休憩しながら走りましょう。次の行き先にデボンシャー・ティーの予約を入れておくのもおすすめです。

  • ストーミー・ポイント・ルート -  タウポウエリントン間を移動する際、国道1号線の代替となるルートです。古代の河成段丘など、素晴らしい眺望の楽しめるポイントがたくさんあります。フィールディングパーマストン・ノースの町を通ります。
  • ピーポデイ・ルート  - ピーポデイ・ポイントは、一帯では最も早く朝日が見られる場所です。
  • ポハンギナ・バレー・ルート - ルアヒネ山脈の麓の広大な谷を行くルート。沿道には、湿地帯や小さな集落、トタラ・リザーブ、環境保全省が整備した多数の遊歩道があります。
  • アイロン・ゲーツ・エクスペリエンス - 人里離れたマナワツ北部の自然の中で、乗馬トレッキングやハイキング、キャンプが楽しめます。田舎ならではのパブに立ち寄ってもよいでしょう。名前の由来となったアイロン・ゲート峡谷は、切り立った崖の間を勢いよく川が流れる風景が印象的です。
フライト検索

自然に親しむ

マナワツ地方では、自然派ボディケア製品を自作する体験や、ニュージーランドの野生動物を見るツアーが楽しめます。山から海へと続く広大な風景の中で、あらゆるアドベンチャーに挑戦してもよいでしょう。アウトドア・アクティビティが盛んな所ですが、特にマウンテンバイクが人気です。

  • 心身をいやすハーブ・ファームでエコ体験。ガーデンを散策しているうちにリフレッシュできます。天然成分にこだわった自家製ボディケアグッズはお土産にぴったりです。自作してみたい場合は事前に予約を入れておきましょう。カフェ、エステも併設されています。
  • ニュージーランド最古の伝統のひとつ、家畜の売買を見学するガイド付きツアーが催行されています。 フィールディング・セールヤードは南半球で最大級の活気あふれる家畜市場です。金曜日に訪れるのがおすすめ。
  • アウルカトラッツは原生林や牧草地帯にいる珍しい生き物を集めた野生動物公園です。ニュージーランド固有のフクロウ、モアポーク (ルル) のほか、豚、ロバ、ダチョウ、鹿、牛、アルパカなどが見られます。
  • リバー・バレーでは、ホワイトウォーター・ラフティングや丘陵地での乗馬トレッキング、ヒコイ(散歩)などへ案内しています。川辺のロッジに宿泊することもできます。
  • ニュージーランドで4番目に長い川でアドベンチャー。 マンガウェカ・アドベンチャー・カンパニー (MAC)では、川のアクティビティ各種と宿泊施設、関連設備を提供しています。
  • ニュージーランド・サイクル・トレイルの一部にあたる、マナワツ・サイクルウェイを自転車で走ってみましょう。

歴史と文化

マナワツはニュージーランドの歴史と文化を今に伝える地域です。

  • フィールディング蒸気機関車博物館、コーチ・ハウス博物館、ホームプリントは、地元の熱意ある有志の手で運営されています。
  • テ・マナワは芸術、科学、歴史をテーマにした文化博物館です。全国的にも重要なタオンガ(宝物)から現代美術、科学的・歴史的遺産のコレクションが収蔵されています。
  • ニュージーランド・ラグビー博物館を訪れると、この国を形作ってきたスポーツであるラグビー関連の文化遺産を見ることができます。世界でも特に貴重な品々が展示されているだけでなく、体験コーナーでは、キックやタックル、スプリント、プッシュなど、のスキルを試すことができます。
  • ザ・コーチ・ハウスは馬が交通手段であった開拓時代と当時の暮らしをテーマにした博物館です。マナワツ地方をはじめニュージーランドの様子を写真や物語から知ることができます。

スリルあふれるワイルドな体験

創意工夫の得意なニュージーランド人は、新しい遊び方を生み出してきました。

  • 西海岸側のヒマタンギ・ビーチは見渡す限りの広大な砂浜です。ブロカートで思う存分走ってみましょう。
  • ランギティケイ川では、ホワイトウォーター・ラフティング、カヤック、ジェットボートなどが楽しめます。北島一のバンジージャンプ、タンデム・ブリッジ・スイング、世界最速のフライングフォックスにも挑戦。

魅力ある小さな町の数々

マナワツ地方には個性的でフレンドリーな小さな町が多数点在しています。

  • キンボルトンはマナワツ平野を見下ろす小高い場所に位置する魅力的な田舎町です。遠くにカピティ島を望む素晴らしい景色と、国際的にも有名なシャクナゲ園があります。
  • フィールディングはニュージーランドの最も美しい町に何度も選ばれています。町の中心には、南半球で最大の家畜市場があります。周辺にはカフェも集まっています。金曜にはファーマーズ・マーケットが開催されます。
  • タイハペは「ニュージーランドのゴム長靴の首都」と呼ばれています。トタンで作られた大きな長靴の看板があるのもそのためです。
  • ノースウッドはスカンジナビアの伝統を受け継ぐ町です。ヤギのミルクで作るオーガニックチーズの工場、衣料品工場直営店、アンティーク、博物館、ユニークな散策が楽しめるトロール・ストロールなどの見どころがあります。
  • ウッドビルには、ニュージーランドでも特に有名な芸術家であるゴットフリード・リンダウアーの作品のレプリカを集めたギャラリーがあります。
  • 小さな子供と一緒に旅行するなら、ダニーバークのファンタジー・ケーブは必見です。
  • マンガタイノカにはトゥイ・ビール醸造所があります。醸造所のビルはよく目立ち、かなり遠くからでもそれとわかります。
  • ブルズはイギリス系の入植者にちなんで名付けられた、魅力的な田舎町です。通りには趣のあるカフェやユニークなショップが並んでいます。「ブル」のつく言葉を使った駄洒落も探してみてください。