コロマンデル地方 地域情報

地域情報

シーバード・コースト、ナテア、ハウラキ平野

オークランドと直結する高速道路から外れて、交通量の少ないシーバード・コーストをドライブしてみませんか。道中には、フィッシュ&チップスの有名店や、カイアウアのクラフトショップ、陶芸工房、泳げる入り江、果樹園、自然公園、ミランダの天然温泉など、立ち寄ってみたい場所がたくさんあります。沿岸域は野鳥が多く、地元で様々なエコツアーも催行されています。ガイド付きツアーなら、その環境のすばらしさがより深く理解できるでしょう。
釣りのできる所や、コロマンデル山脈と河口域のすばらしい眺めが楽しめる場所もあります。

シーバード・コースト、ナテア、ハウラキ平野のおすすめトップ5

  1. バードウォッチングの国際的な名所、ミランダ・ショアバード・センター
  2. ミランダ・ホリデーパーク&ホットプールで温泉入浴
  3. ハーレーダビッドソン・モーターバイク・ツアーでシーバード・コーストをツーリング
  4. ハウラキ平野の酪農地帯をドライブ、オークランドから1時間もかかりません
  5. 家族でナテアに立ち寄って、フルーツアイスクリームやウォーターガーデンを満喫

テムズ

テムズの町はコロマンデル地方の玄関口にあたります。大都市のような混雑も余分な出費もなしに、様々なサービスが利用できます。テムズから海沿いに北へ進んでいくと、ポフツカワの並木が続きます。心の休まる庭園や海岸風景、昔ながらの雑貨店など、ちょっとした見どころのある道をのんびりと走ってみてください。

テムズのおすすめトップ5

  1. ピナクルズ・トラックでハイキング、宿泊には環境保全省が管理している定員80名のハットが利用できます
  2. スリーピングゴッド峡谷のキャニオニングでアドベンチャーを満喫
  3. 夕焼けのテムズ沿岸域をドライブ
  4. 歴史あるテムズの町を散策
  5. 途中でワインやチーズを味わいながら、ハウラキ・レイル・トレイルをサイクリング

コロマンデル

歴史あるコロマンデルの町には才能あふれる芸術家がアート&クラフト作品の制作に励んでいます。その多くは、ひっそりとした環境と美しい自然に魅せられて、他の地方から移り住んだ人々です。
個性ある街並みには、芸術家の心意気と伝統文化が反映されています。先住民マオリの人々にとっても、ここは文化的に重要な場所です。オークランドのダウンタウンからハウラキ湾を渡って来るにしても、テムズ方面からポフツカワの木々に縁取られた海岸沿いの道をたどるにしても、きっと楽しい旅路となることでしょう。そして、コロマンデルに到着したら、さらに多彩な魅力が待っています。
新鮮な素材から地元レストランの丁寧な逸品まで、食の楽しみも尽きません。コロマンデルの町は1852年にドライビング・クリークで金脈が発見されたことを契機に急速に発展し、栄華の面影を保ちつつ今に至っています。
コロマンデルを拠点に、半島北部の僻地にあるビーチやキャンプ場、トレッキングコースを目指すこともできます。

コロマンデルのおすすめトップ5

  1. ドライビング・クリーク鉄道とザ・ウォーターワークス
  2. コロマンデル半島北端部へ足をのばし、コロマンデル海岸遊歩道を歩く
  3. ハウラキ湾のムール貝用荷船から鯛釣り
  4. ファンガポウアのニューチャム・ビーチで静かなひと時を
  5. 歴史ある街並みを散策しながら、お気に入りのグルメ、アート、音楽を探してみる

フィティアンガ、マーキュリー・ベイ

コロマンデル半島の東海岸側に位置するマーキュリー・ベイは、美しい風景にあふれています。沖に浮かぶ島々を見渡せる海岸線にははひっそりとした入り江やビーチがいくつも連なっています。一帯は野鳥の宝庫で、天然温泉や海洋公園もあります。

フィティアンガから北方面にはクアオトゥヌ、オピト、オタマなど小さな海辺の町があり、南方面にはハヘイ、クックス・ビーチ、ホットウォーター・ビーチといった見どころがあります。フィティアンガで必要なものをそろえてから出かけるとよいでしょう。
カヤック、ドライブ、シュノーケル、海水浴、ウォーキングなど、美しい自然を満喫する方法はたくさんあります。ホットウォーター・ビーチの温泉やロスト・スプリングの温泉リゾートも見逃せません。

マーキュリー・ベイのおすすめトップ5

 

  1. ホットウォーター・ビーチで自作の温泉を掘る
  2. カセドラル・コーブ海洋公園でカヤック、ボート、散策
  3. ザ・ロスト・スプリング・サーマル・プールズで贅沢な温泉体験
  4. キャプテン・クック上陸の地とシェイクスピア・クリフから絶景を撮影
  5. クアオトゥヌでピザを食べ、のどかなオタマ、オピト、オピト・ビーチへ

タイルア、パウアヌイ

タイルアとパウアヌイは太平洋に面した町です。東海岸沖には島々が点在し、西側の市街地の背後には険しい山並みが連なっています。いずれかの町を拠点に周辺を探索してみましょう。定住人口は多くありませんが活気があり、地元の人々はこの地を訪れる人々をキーウィ(ニュージーランド人)流に温かくもてなし、豊富な現地情報を提供しています。

コロマンデルはウエディングやハネムーンでも人気があり、パウアヌイもその例外ではありません。国際級のゴルフ場、宿泊施設、会議施設も充実しているので、パウアヌイとタイルアはビジネスにもレジャーにもロマンチックな休暇にもぴったりです

タイルア、パウアヌイのおすすめトップ5

  1. ロマンチックな小旅行に出かけ、ひっそりとしたビーチを散歩
  2. アルダーマン諸島で世界でもトップクラスのダイビングとゲームフィッシング
  3. ヒクアイのブロークン・ヒルズ・トラックを歩く
  4. パウアヌイのレイクス・リゾートでゴルフ
  5. 海や河口でサーフィン、パドルボード、海水浴

ファンガマタ

ファンガマタの夏は特別です。地域経済がサーフィンに支えられていると言ってもよいくらい、サーファーに人気の高い町ですので、サーフボードのメーカーやショップが多数あり、サーフィンに必要なものは何でもそろっています。国際的なサーフィンの名所となっている白砂のビーチと大通りの商店街は、いくつもの遊歩道でつながっています。街中のどこにいても、すぐそばにビーチがあることが実感でき、短パン姿の人々も風景になじんでいます。

ファンガマタのショッピングセンターはコロマンデルでも有数の充実度で、個性あるカフェや各種のスポーツ施設(9ホール、18ホールのゴルフ場、立派なプールなど)もたくさんあります。ファンガマタには多種多様な宿泊施設が揃っています。宿泊先のホストは訪れる人々が心に残る休暇を過ごせるよう、快くお手伝いしています。

ファンガマタのおすすめトップ5

  1. パドルボードやカヤックでドーナツ島へ
  2. ファンガマタ周辺のトラックでマウンテンバイク
  3. オポウテレ、オネマナ、フィティロアなど、小さな海辺の町とサーフィンのできるビーチを訪れる
  4. ファンガマタ・ビーチでサーフィンを習う 
  5. ウェントワース・バレー・ウォーターフォール・ウォーク

ワイヒ、ワイヒ・ビーチ

ニュージーランドでも有数の金の産地ワイヒでは、町の至るところに最盛期の名残りが見られます。ただ、コロマンデルの他の地域とは異なり、ワイヒでは今も金が採掘されています。緑に覆われて目立ちにくいものの、大通りから遠くないところで採掘された鉱石は、マーサ・マインに運ばれて、金や銀の地金に精錬されています。

ワイヒから10kmの所にあるワイヒ・ビーチは、全長9kmに及ぶ白い砂浜が美しく、安全にサーフィンが楽しめることで有名です。ビーチでのんびりと過ごしたり、波打ち際で海水浴をしたり(夏の間は監視員がいます)、ブギーボードやサーフィン、カヤックなどで遊んだりと、思い思いに楽しんでください。

ワイヒ、ワイヒ・ビーチのおすすめトップ5

  1. サイクリングコースでは最長のトンネルがあるハウラキ・レイル・トレイルを走る
  2. マーサ・マイン金鉱ツアーで巨大な機械を見学
  3. ゴールドフィールズ・レイルウェイで金鉱の歴史をたどる
  4. ワイヒ・ビーチのオロカワ・ホムンガ・ウォークウェイで太平洋岸を散策
  5. カランガハケ峡谷のウィンドーズ・ウォークを歩く

パエロア、カランガハケ峡谷

パエロアは自称ニュージーランドの「アンティークショップの都」です。また、19世紀に発見された癒しの泉からくみ出された水は、レモンを加えて飲用されてきました。これがニュージーランド初のオリジナル天然ソフトドリンク、L&P(レモン・アンド・パエロア)です。この飲み物のおかげで、ニュージーランドでパエロアを知らない人はいないほどになりました。

金採掘の歴史あるカランガハケ峡谷(国道2号線でパエロアから南へ8kmほど)は、ウォーキングだけでなく、ワイナリーや釣り、ロッククライミング、川遊び、ハウラキ・レイル・トレイルなどが楽しめることで人気があります。

パエロア、カランガハケ峡谷のおすすめトップ5

  1. パエロアでレトロな魅力満載のアンティークショップめぐり
  2. 町のシンボルとして有名な高さ7mのL&Pボトルの前で記念撮影
  3. ハウラキ・レイル・トレイルで金採掘の歴史をたどる
  4. 吊り橋のあるウィンドーズ・ウォークなど、カランガハケ峡谷の遊歩道でハイキング
  5. スコットランドの伝統を受け継ぐパエロア・ハイランド・ゲーム&タトゥー

 

あなたの体験を記事で投稿しませんか? あなたの記事を追加

関連したタグ