『ホビット』 3部作について

現在のページ

『ホビット』 3部作は、ビルボ・バギンズの生涯にわたる物語と彼が出くわした危険なアドベンチャーの物語です。

『ホビット』 3部作

『ロード・オブ・ザ・リング』の続編、『ホビット 』 3部作は、フロドが壮大な旅に出発する60年前の設定となっています。ピーター・ジャクソン監督はニュージーランドの見事な風景を使い、物語をより魅力的な映画に仕上げました。

第1部 『ホビット 思いがけない冒険』、第2部 『ホビット 竜に奪われた王国』 、第3部 『ホビット 決戦のゆくえ』の3部作制作にあたり、ピーター・ジャクソン監督はトールキンが書いた本書とは別の内容を拾ってきました。これには『ロード・オブ・ザ・リング / 王の帰還』完結後に発表された追記や補足が含まれています。 この物語の舞台に入ってみれば、映画を見た人々は、足に毛が生えているホビットがどのように生活していたのかを理解できるでしょう。 

ピーター・ジャクソン監督は彼が居住している - そして故郷でもあるニュージーランド - は、本のストーリーから動きのある映画を完成させるのにパーフェクトな撮影地となりました。こうして『ロード・オブ・ザ・リング』と『ホビット』の3部作が誕生したのです。ニュージーランドで『ロード・オブ・ザ・リング』のすべてを撮影した後、ピーター・ジャクソン監督は、ニュージーランドは既に「完璧な中つ国」だったので、『ホビット 』 3部作のロケ地を他国に探す理由は何もなかった、と述べています。

『ホビット』と『ロード・オブ・ザ・リング』のシーンは、ファンタジー映画の中だけのはかない風景ではありません。ニュージーランドに実在するドラマティックな風景を見れば、誰もが簡単にその世界を体験することができます。

ハミルトン - ワイカト
ホビトン・ムービー・セット, ハミルトン - ワイカト

Sara Orme

ホビット村映画セットのあるマタマタ

ホビットとは?

古代に生きるホビットは、オープンで明るい性格、身長が1メートルちょっとの小人として描かれています。足裏が革のように丈夫で、くるぶしから下が巻き毛にびっしり覆われているので、めったに靴を履くことはありません。

彼らは大きい人間に対して恥ずかしがり屋であり、よく耕されきちんと整った田園地帯を好みます。典型的なホビットはたくさんの食べ物のあるパーティーをこよなく愛しています。

シャイアは『ホビット』と『ロード・オブ・ザ・リング』の3部作でホビットが居住したホビトン(ホビット村)の場所のひとつです。

 

フライト検索

おすすめの関連情報

中つ国の舞台 - Home of Middle‑earth →

中つ国を巡るモデルコース →

『ロード・オブ・ザ・リング』 3部作のロケ地 →