ムリワイのカツオドリ群生地

現在のページ

カツオドリの群生地では、毎年8月から3月にかけての期間、飛び立ち、再び戻っていくる鳥たち姿を見ることができます。

オークランド中心街から車で一時間ほどの距離にあるムリワイのカツオドリ群生地は、毎年8月から3月にかけて1200ものつがいが巣を作り、壮観な光景を作ります。 駐車場のすぐ脇からは、一番大きな群生地を間近に眺める展望台へと通じる遊歩道が延び、垂直に切り立った崖を持つ群生地に簡単にアクセスすることができます。 羽を広げた長さが2メートル、体重2.5キログラムのカツオドリ達の巣は僅か数センチメートルしか離れていないほど密集し、またその密集から上昇気流を上手に捉えて飛び立つ姿はまさに圧巻です。 カツオドリのつがいは毎年1つの卵を産み、雄鳥と雌鳥が交代して巣で卵を温めます。生まれたばかりの雛鳥は丸裸ですが、1週間ほどするとふわふわとした綿毛が生え揃います。成長して羽が生えはじめると、彼らは羽を広げる練習をして、断崖から飛び立つ巣立ちの日に備えます。 一度飛び去った若鳥は、そのまま群生地を離れタスマン海を渡りオーストラリアへと向かいます。その後数年を生きながらえたカツオドリは、この群生地へ戻り巣を営みます。 群生地の展望台からは、荒々しい波が打ち寄せ、巨大な砂丘が点在する黒砂のビーチが北方向へ60kmも続く、ムリワイ・ビーチの壮大な景観を眺めることができます。遥か眼下には、まるでオットセイが波間で群れるように、熱心なサーファー達が巨大なうねりに果敢に挑む姿も見ることができます。
フライト検索